神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2019年12月5日 エリアトップへ

フレスコボール日本代表としてブラジル選手権に出場する 斉藤 亮太さん 荏田町在住 26歳

公開:2019年12月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

「どマイナー」を憧れに

 ○…ブラジル発祥の新感覚ビーチスポーツ「フレスコボール」。ペアを組みラケットとボールを使ってラリーを重ね、球速などから採点される競技だ。12月に日本代表として3度目のブラジル選手権に挑戦する。昨年7位と悔しい思いをしたが、練習での手応えから「最低でも5位、目指すは優勝」と力を込める。

 ○…青葉区出身。中・高・大はテニスで青春を謳歌し、一時はプロを目指したことも。大学4年生の時にたまたま訪れた海岸で同競技と出会い、落球で減点など「相手を打ち負かすテニスとは真逆」のスポーツに衝撃を受けた。対戦でシビアになり切れない性格もあり転身し、大会初出場でいきなり優勝したことでその虜に。夏には日本代表に選ばれ、「ただの大学生だった自分の人生が変わった瞬間でした」。

 ○…「日本代表」の肩書とは裏腹に、「なにそのスポーツ」といわれるフレスコボール。選手として普及活動をはじめたのは、そうした現状を変えたかったからだ。大学に残って競技に専念し、仲間と共にSNSでの発信を続けた2年間。大学を卒業した今年の3月には練習場所である逗子で念願のクラブが誕生した。今では全国に8つのクラブができ、競技人口は昨年の倍以上の5000人に。「今夏の大会ではネットでしか知らない人も大勢集まってくれて。嬉しかったですね」

 ○…職業はエンジニアで、目標はリモートワークで日本各地を飛び回りながら同競技の普及活動をすること。仕事帰りにあざみ野のカフェで情報発信をする毎日で、最近強く思うのは「興味を持ってくれた人が気軽に来れる場所」の拠点クラブの重要性だ。「まだまだ“どマイナー”なスポーツ。それでもいつか子どもの夢に、憧れるほどに広まってくれれば」

青葉区版の人物風土記最新6

大原 義男さん

嶮山小学校の学援隊として長年、児童の登下校を見守り続ける

大原 義男さん

美しが丘西在住 77歳

7月18日

有澤 和歌子さん

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する

有澤 和歌子さん

柿の木台在住 61歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月27日

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook