青葉区版 掲載号:2020年3月12日号 エリアトップへ

ギャラリーコンティーナで50年前の写真映像を公開する 高橋 嬉文(よしふみ)さん 美しが丘在勤 81歳

掲載号:2020年3月12日号

  • LINE
  • hatena

日常に「癒し」願って

 ○…50年前、武蔵野の日常だった雑木林や麦畑、随所に流れる用水や細流で野菜を洗う女性たち。かつて自然と共に生活していた人々の風景を訪ね歩いて撮り溜めた記録写真をDVDにまとめた。その作品を自身が営むギャラリーで初上映する。「昔は優しい自然風景が暮らしの中にあり、癒しがあった。私蔵したまま記録が失われてしまうより、皆さんに見てもらい心の癒しになれば」

 ○…相模原市の農家に生まれ、山や川で裸足で遊んで育った。自然への愛着は当たり前。エンジニアとして就職したが当時は高度経済成長真っただ中。宅地開発や木々の伐採、日々自然が失われていく姿を目にし、危機感が募った。「自然とともにゆかしい心まで失われてしまうのでは」。国木田独歩の『武蔵野』にも影響され、変わりゆく風景の撮影を開始し、写真や人々との記録を残そうと自費出版を決意。資金作りのため23歳で捕鯨船に乗り込み5年後に出版を実現させた。「あの頃は若かったからね」と照れながら静かに語る。

 ○…その後再び会社員を続け独立し、絵画好きが高じて「普通の暮らしの人が気軽に楽しめる画廊を作りたい」と54歳でギャラリーを稲城市に開設。昨年に美しが丘へ移転した。バルト三国やモンゴルで「良い絵」や「夢に溢れた絵」を目利きし、買い付ける。

 ○…小1で終戦を迎えたが、同級生の父親の多くは戦争で帰ってこなかった。当時の経験を持つ世代だからこそ「かつての時代のようにしてはいけない」と強く感じる。宗教や民族間の対立など混沌とした現代だが「違いを超えて分かり合えるのが芸術。生活に癒しが少ない時代だが、芸術は五感で心満たせる、本来日常と切り離せないもの」。人々の日常に癒しを願い、平和を願う。

青葉区版の人物風土記最新6

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月28日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月14日号

横澤 孝泰さん

今年4月に開校した神奈川県立あおば支援学校の初代校長に就任した

横澤 孝泰さん

恩田町在住 59歳

4月30日号

小澤 明夫さん

新しく青葉区長として着任した

小澤 明夫さん

港南区在住 58歳

4月16日号

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

3月26日付で青葉警察署の署長として着任した

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

青葉区在住 58歳

4月9日号

宰田 充人さん

6年半にわたり青葉区の交通安全に尽力し、この3月で警察官を退職した

宰田 充人さん

市内在住 60歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク