青葉区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

市政報告号外 市長はカジノIR誘致をストップし、新型コロナウイルス対策に尽力すべき! 横浜市会議員 田中ゆき

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの感染拡大が市民生活に大きな不安と影響を与えています。休校に伴う子ども達の不安やストレス、子育て世帯の負担増、高齢者の不活動化、中小企業や非正規雇用者等への経済的打撃、医療・介護・福祉現場の混乱や疲弊など、横浜市が喫緊の課題として取り組むべき問題が山積しています。

 そのような深刻な状況にも関わらず、林市長は今は不要不急ともいえるカジノIR誘致で国のスケジュールを最優先し、今年6月のIR「実施方針」公表、その後の事業者公募の準備を強硬に進める姿勢です。新型コロナウイルスの影響によりIR市民説明会は市内6区で延期、代替日程も決まらない現状で、市民の理解を十分に得られているとは到底思えません。

 また、横浜港へのクルーズ船の寄港もストップするなど、本市のインバウンド(訪日外国人)市場も大打撃を受けており、IR事業への影響も懸念されています。そもそも市は、IR事業に関して経済効果の数値は事業者任せで、その根拠も不明確。更には、市民の経済的負担や依存症対策費等を含めた負のリスク試算を示していません。

最優先すべきは市民の命

 今まさに新型コロナウイルスの影響により、目の前にある市民生活が脅かされている中、林市長は、市民の未来を脅かすリスクのあるIR誘致推進の姿勢を一旦ストップすべきです。事態が収束してから改めて市民と共に、横浜の未来にIR事業が本当に必要かどうか問うことから再出発すべきではないでしょうか。

 いま市が最優先ですべきことは、感染拡大の防止策と市民生活を守ることです。市内のPCR検査の拡充、感染者入院病床の増床、マスク等の確保、子どもや高齢者の心身のケア、緊急経済対策等、スピード感を持って取り組むことを、林市長に強く要請します。

横浜市会議員 田中ゆき

横浜市青葉区桜台30-18 第2桜台ガーデン2階

TEL:045-900-0373
FAX:045-983-9897

http://tanayuki.net/

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

横浜の中学校給食は何が良い?

議会報告【2】

横浜の中学校給食は何が良い?

横浜市会議員 山下正人

6月16日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

在宅療養を支える訪問看護

市政報告㉕

在宅療養を支える訪問看護

横浜市会議員 田中ゆき

6月2日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

 自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

停電を起こした川崎市に抗議

停電を起こした川崎市に抗議

横浜市会議員 藤崎浩太郎の市政報告

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook