青葉区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

専門医が分かりやすく解説 目のお悩みQ&A  第3回「黒い点が飛んで見えますが大丈夫?」

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena

 黒い点、糸や虫みたいな物が飛んで見える症状、これは『飛蚊症(ひぶんしょう)』という状態です。飛蚊症は眼の中の硝子体(しょうしたい)という部分に濁りができることで現れます。多くの場合は年齢変化により元々透明な硝子体に濁りが現れる『生理的な飛蚊症』で心配ないことも多いです。この濁りは通常良くならないので症状としては続くことが多いですが、同じ症状が続くだけであれば大丈夫です。

 しかし、中には病気で飛蚊症が出る場合もあります。一番気をつけなければならないのは、眼の内側の光を感じる網膜に穴があく『網膜裂孔・網膜剥離』です。網膜裂孔では暗い所でも光が見えたり、飛蚊症がどんどん強くなる、墨が流れて見えたなどの症状があることが多く、更に網膜剥離に進んでしまうと部分的に見えにくく視野が欠けるような感じになります。網膜裂孔だけであればレーザー治療で進行を止めることも可能ですが、網膜剥離になると大きな手術が必要です。

 症状だけでは病気による飛蚊症かどうか区別が難しく、眼底検査による判断が必要です。検査して問題ないことも多いのですが、一定の割合で病気のある方がいます。『大丈夫かと思って実は病気だった』というよりは『病気かと心配したけれど大丈夫』と安心する方がずっとよいかと思いますので、急に飛蚊症が出た場合は一度、早めの受診をお願いします。

■たまプラーザやまぐち眼科/新石川3の14の14/【電話】045・913・0333/【URL】https://tamaplaza-eyeclinic.com/

青葉区版のコラム最新6

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める 社会

10月22日号

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

求められる子どもの主体性(2)

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

求められる子どもの主体性(2)

桐蔭学園理事長 溝上慎一

10月15日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第3回「黒い点が飛んで見えますが大丈夫?」

9月24日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第8回「いつもと違う秋ですが」

9月24日号

求められる子どもの主体性(1)

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【9】

求められる子どもの主体性(1)

桐蔭学園理事長 溝上慎一

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク