青葉区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

青葉区 フォトブックで街の魅力PR 「移住検討のきっかけに」

社会

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
冊子でモデルを務めた新田さん
冊子でモデルを務めた新田さん

 青葉区役所は区内の魅力を一冊にまとめた「PhotoBook(フォトブック) 青葉の時間」を制作し、2月1日から市内18区の区役所などのほか、KITTE丸の内にも配架している。区は都心へのアクセスが良く、自然豊かな青葉区の魅力を多くの人に発信したい考えだ。

 冊子はA5サイズで全28ページ。「生活都市」「花香る街」などのテーマごとに区内各所で撮影された写真ほか、計85点を掲載。これらの写真は2017年から3回行われた「フォトジェニック青葉フォトコンテスト」に応募された作品が中心で、応募者が切り取ったまちの様々な表情を見ることができる。

 写真のほか、冊子の最後のページには街路樹や公園の数が市内で最も多いことなど、区の情報がマップと共に記載され、良好な住環境をPRする内容になっている。

 また、子育て世代にアピールしようと、区政推進課の新田佑衣さん親子がモデルとなり、「カメラを片手に出かけよう」と題して区内を巡る写真も。1つの物語のように仕上がっている。

 冊子は横浜美術大学の三橋純教授が監修し、タイトルロゴデザインは同大学4年の北元杜果さん、挿入写真は岸田梨奈さんと小林莉奈さんが協力した。

区外にも発信

 冊子は、区役所と区内地区センターで配架しているほか、他の区役所や市内観光案内所、東京駅に近接する「KITTE丸の内」でも配架している。同課の中川譲課長は「今回は区内だけでなく区外の人にも青葉区に興味をもってもらい、移住を検討するきっかけになればと区外にも配架している。青葉区の魅力をより多くの人に知ってもらえれば」と話していた。

企画展示も開催中

 市庁舎2階のプレゼンテーションスペースで区外の人に向け、企画展示「青葉の時間」を2月19日(金)午後1時まで開催している。

 冊子は区ホームページ(【URL】https://www.city.yokohama.lg.jp/aoba/kusei/koho/photobookaobanozikan.html)からもダウンロード可能。
 

青葉区版のトップニュース最新6

"学校版クラファン"開始

元石川高校

"学校版クラファン"開始 教育

県のまなびや基金を活用

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

17日から集団接種

青葉区

17日から集団接種 社会

新型コロナワクチン

5月7日号

危険なバス停20カ所

青葉区内

危険なバス停20カ所 社会

事業者中心に対策検討

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter