青葉区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

専門医が分かりやすく解説 目のお悩みQ&A  第9回『花粉症の目の痒みの辛さはどうしたら?』

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

【目薬について】

 目の痒みには抗アレルギー薬点眼が基本です。多くは1日4回ですが、最近2回で効果が続く点眼も登場し、使いやすくなりました。症状が治らない場合はステロイド点眼を併用します。ステロイドに抵抗感があるかもしれませんが、適切に使い、目のチェックを行えば問題になることは多くありません。痒みの予防が抗アレルギー薬、抑えるのがステロイドと考えて処方しています。尚、内服薬は痒みには限定的ですが、多少効果はあるとされています。

【目を洗うのは?】

 1日3〜4回程度の洗眼は抗原を減らし症状改善の効果が望めます。ただ、大切な涙成分も流されてしまうため、過度な洗眼はよくありません。

【妊娠・授乳中の場合】

 完全に安全とされる抗アレルギー薬はなく、症状が強い場合の有益性使用が推奨されます。点眼後に目頭を押さえることで全身への移行を防げます。ステロイド薬は比較的安全とされています。

【その他の治療】

 花粉が飛ばない時期に始め何年かかけて反応を抑える『舌下免疫療法』と自己負担額は大きいものの効果も高い『抗IgE療法』があります。

【生活の注意点】

 外出時はメガネやマスクを使用し、コンタクトは控える、バランスのよい食事等も大切です。

 僕も花粉症で辛いですが、しっかり対策、治療して乗り切りましょう。

■たまプラーザやまぐち眼科/青葉区新石川3の14の14/【電話】045・913・0333/【URL】https://tamaplaza-eyeclinic.com
 

青葉区版のコラム最新6

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第14回「食べてくれない時は”ママの魔法”を使いましょう♪」

5月27日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第11回『検診で「視神経乳頭陥凹拡大」といわれたけど、何のこと?』

5月27日号

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.9

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第13回「赤ちゃんの人見知り泣きは人を信じる本能を育てます」

4月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

4月22日号

子どもの学びとウェルビーイング

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

子どもの学びとウェルビーイング

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter