青葉区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】 高齢者のアクティブな生き方とは 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

 桐蔭学園は地域連携支援の一環として、あざみ野地域の「認知症の人にやさしい街プロジェクト」に参加している。9月26日に行われた成果イベントは、タウンニュースでも紹介された。

 成果イベントでは、同地域の住民に実施したアンケート調査の結果を報告した。分析は、調査に回答した参加者の中から前期高齢者、その手前に当たる中高年50代、60代を抽出し、全国の同じ年齢世代と比較検討した。その結果、同地域の高齢者の健康や生きがいは、全国のそれよりもかなり高いことが明らかとなった。地域の元気度が示された形だ。

 本調査ではある仮説も検証している。高齢者が将来のことを考え、人と会い、新しい経験をすることがアクティブな生き方につながるのではないかというものである。それが老いを遅らせることは十分考えられる。

 一般的には、できるだけ認知症にならずに元気でいられるかが高齢者の健康イメージだ。人生100年時代の高齢者として、たとえフルタイムで仕事をしなくても、地域活動に参加したり、友達と旅行に行ったり、アウトドアなどの趣味を楽しんだりして、外に出て人に会い、これからしたいことを考えることはできるはずだ。中高年に合ったアクティブな過ごし方で、老いを遅らせ、健康で長く過ごせる可能性が高まるかもしれない。

 あざみ野地域ではこのようなアクティブな生き方が、平均点では全国より高く認められた。

お庭のお手入れなら田辺園へ

見積り無料、「タウンニュース見た」で10%オフ!℡080-8838-0305

<PR>

青葉区版のコラム最新6

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

11月25日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

11月25日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「男性に起こりやすい目の病気について」 コラム【4】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

11月11日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第19回「風邪を引かない昔からの知恵をお教えします」

10月28日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第16回『50歳頃から眼鏡やコンタクトが合わず困っています』

10月28日号

高齢者のアクティブな生き方とは

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】

高齢者のアクティブな生き方とは

桐蔭学園理事長 溝上慎一

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook