青葉区版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

保護犬支援団体(一社)ケンの家の代表を務める 浅川 晶枝さん 奈良町在住 59歳

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena

保護した命を見守り続け

 ○…奈良町で老犬や障害犬の保護、里親探しを行う「ケンの家」の代表を務める。「元気な犬ばかりではないため、寝ずに看病する日々。助けてあげられず、やめようと思ったことは何度もある」。それでも新しい犬との出会いや良い里親に巡り合えた時の喜びを支えに活動を続けてきた。

 ○…33年前、田んぼ道でやせ細った小型犬を見つけて思わず保護した。当時の職場に預かってもらったが、ある日同僚が逃がしてしまい、毎週保健所に探しに行ったという。その後、その犬は死んでしまったと知るが、保健所に収容されている犬を見て「どうにか救うことはできないか」との思いを強く持つように。特に老犬は引き取り先がなく、処分を待つだけ。「まずは1匹」と自宅に引き取り妹と保護を開始。以来、最初に救えなかった犬に名付けた「ケン」を団体名とし、活動は20年を迎えた。

 ○…8年前から青葉区に。すでに息子は独立し、今は夫と二人暮らし。犬の食事や散歩、治療で自宅近辺を離れられる時間はほとんどなく、ましてや旅行など遠出もできない。そんな日々の唯一の息抜きは「夕飯の買い出しに少し場所を変えることくらい」と笑う。「息子の結婚式すら行けないかもと言った時は家族からブーイングもされたが、それでも温かく見守ってきてくれたから今日までやってこれた」と感謝を語る。

 ○…全国から保護犬を引き取り、現在約25匹を飼育中。ボランティアや寄付の助けがありつつもそれだけでは賄えず、自腹の負担も大きい。それでも老犬を中心に保護し、今後も最後まで看取るつもりだ。「ただ保護するだけではなく、捨てられ、処分されていることをもっと広く知ってほしい」と日々、現状に向き合い命を救う。

青葉区版の人物風土記最新6

ハマ リュウノスケさん

web劇団「ヨコハマヨリック」を主宰する

ハマ リュウノスケさん

青葉区在住 44歳

5月12日号

高橋 充さん

青葉区スポーツ推進委員連絡協議会の会長として市教育委員会表彰を受けた

高橋 充さん

荏田北在住 61歳

5月5日号

玉田 裕之さん

4月に桐蔭学園中等教育学校の校長に就任した

玉田 裕之さん

鉄町在勤 57歳

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

天下谷(あまがや) 秀文さん

4月1日付で青葉区長に就任した

天下谷(あまがや) 秀文さん

青葉区在住 59歳

4月14日号

横山 郁子さん

すすき野に4月1日、「まちの保健室」を開所した

横山 郁子さん

荏田町在住 53歳

4月7日号

憲法フォーラム5月15日開催

衆議院議員みたに英弘事務所主催 当日の講師は高市早苗氏

https://mitani-h.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook