青葉区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

4月に桐蔭学園中等教育学校の校長に就任した 玉田 裕之さん 鉄町在勤 57歳

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena

「しなやかさ」生徒たちに

 ○…「実現したい未来に向けて、夢を育める環境でありたい」。生徒の将来の話だけではない。社会を変えていく、作っていくというマインドも育てたいと抱負を語る。

 ○…国立市と成田市で育ち、大学卒業後に国語教員として桐蔭学園へ。受験指導を通じて生徒の手助けをしたいと考えたのがその理由だ。当初は予備校講師のようだったと話すが、3年目に初めて担任を持ってから少しずつ変化が。生徒の話を聞き、一緒に掃除をしながら「黒板の前に立っているだけでは本当の教育にはならない」と考えるように。学力だけではなく、人間性も大切に。「自分も教師になっていった」と振り返る。

 ○…部活動もせず、斜に構えて冷めた目で物事を見ていた高校時代。今でこそ学園祭実行委員会や生徒会で若い熱気に触れ、当時を思い返して後悔もするが、「だからこそ乗り気になれない生徒の気持ちも分かる」と笑う。そんな生徒には「自分が主人公になれるものを見つけてほしい」。大学時代に全くの素人からクラリネットを始め、夢中になったジャズクラブでの活動を引き合いに思いを語る。今の趣味は読書と映画鑑賞。好きな日本酒をずっと飲み続けるという酒豪の一面も。

 ○…桐蔭学園が力を入れる「アクティブラーニング」は従来の講義型授業だけではなく、生徒による能動的な活動を取り入れる。一教員としては指導スタイルを変える難しさもあったという。それでも「生涯学び続ける人間を育てるのが目標なんだから自分も変化していかなきゃ」と努力を重ねた。社会が変わる中で自らアップデートする「しなやかさ」も経験から生徒に伝えたいこと。卒業アルバムに書く言葉はいつも「前途洋洋」。生徒たちの世界を広げる役目に力を尽くす。

青葉区版の人物風土記最新6

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

ハマ リュウノスケさん

web劇団「ヨコハマヨリック」を主宰する

ハマ リュウノスケさん

青葉区在住 44歳

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook