青葉区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める 三枝(さえぐさ) 和江さん すすき野在住 65歳

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena

地域の健康「食事」で守る

 ○…食を通じた健康づくりを地域ケアプラザや学校での講習会などを通して地域住民に広める「ヘルスメイト」の会長を今年度から務める。食べ物の好き嫌いが多く偏食だったが、自分の健康、家族の健康づくりを見直したいと入会し、気付けば8年目。「バランスの取れた食生活が健康につながるということは自分が一番に身をもって感じた。地域の人にも伝えていけたら」

 ○…結婚を機にすすき野に転居して40年。2人の子どもは成人し、夫と2人暮らし。子ども向けのバルーンアートを行ったり、地域防災拠点運営委員として防災について発信したりと地域で精力的に活動する。ボランティアに興味を持ったのは、夫の仕事で帯同したロンドンで現地の子どもに折り紙や書道、着物など日本文化を教えた経験から。「自分が学んできたことを他の人に知ってもらうことに面白さを感じた」。この体験が今の活動につながる。

 ○…趣味は週1のおしゃべりテニス。会話を楽しみながら「気付いたら同じメンバーで30年」とアクティブな日々を過ごす。孫が遊びに来たときには家族から好評の鶏肉煮込みを振る舞う。「息子たちのお弁当のおかずだったからか、孫たちにも人気」とにこり。娘に料理レシピを教えるなど、離れていても家族の食事も気に掛ける。

 ○…ヘルスメイトが代々大切にしてきた「地域住民との触れ合い」。コロナで講座等が制限され、もどかしい日々が続いた。だが、ヘルスメイト一人ひとりが地域に目を向ける機会になり「お隣さん、お向かいさんに健康づくりのおすそ分けをする原点に戻れたかな」と前向きだ。参加者からの「今日も良い学びになった。ありがとう」の言葉をやりがいに食育を通して地域を支える。

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 信行さん

青葉区民芸術祭コーラス部会の部会長として「青葉コーラスのつどい」を運営する

神谷 信行さん

荏子田在住 73歳

6月30日号

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook