神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

学校歯科医を45年間務め、このほど定年となる 桑名 俊二さん 美しが丘在住 75歳

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena

「歯を大切に」伝え45年

 ○…美しが丘中学校の開校以来、この3月まで学校歯科医として総勢5700人あまりの生徒の健診を続けてきた。歯科医として公衆衛生の向上に努めた45年間。生徒に贈られたメッセージカードに顔もほころぶ。生徒達には、歯を大切にする気持ちを持ち続けてほしい、と思いを語る。

 ○…目黒区洗足出身。祖父から続く歯科医の家系で、父と12歳差の兄が治療と向き合う姿を見て育つ。小学生の時に大病を患い、1年ほど通学できない時期もあったが、自分自身が医療に接し、歯のことで困っている人を助けたいと思うようになるのは自然な流れ。歯科医院での勤務を経て、1977年に当時は新興住宅地だった美しが丘で「桑名歯科医院」を開院した。この街で一番しっかり患者を診る歯科医になりたいと常に思い、当初から予防分野に力を入れてきたと振り返る。

 ○…多士済々が集うあざみ野ローンテニスクラブに在籍し、休診日にはクラブの友人とテニスを楽しみ、食事を共にしてリフレッシュ。歯科助手で、事務を取り仕切る妻とは旅行を楽しんでいるという。娘2人は歯科医と植木職人となったが、家庭内では娘に甘い父親だったと照れ笑う。

 ○…開院当時は子どもの患者が多かったが、今は高齢者が中心に。長く通っている患者のためにも「目が見えて、手が動く限りはずっと診続けていきたい」と話す。時代に合わせて治療内容の変化に対応してきたが、今後、自分が果たしていくべき役割は総入れ歯だときっぱり。自由診療の精密な義歯など、自らの技術で地域医療に貢献していく考えだ。長く医療に携わってきたが、改めて思うのは「お金で買えないものほど、大事なものはない」ということ。その1つ、健康を守るために今日も治療を行う。

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

加藤 良次さん

4月に横浜美術大学の新学長に就任した

加藤 良次さん

青葉区在勤 66歳

4月11日

鎌田 純さん

3月19日付で青葉警察署の署長に着任した

鎌田 純さん

市ケ尾町在住 58歳

4月4日

桑名 俊二さん

学校歯科医を45年間務め、このほど定年となる

桑名 俊二さん

美しが丘在住 75歳

3月28日

山本 章さん

3月20日で設立1周年を迎える社会福祉法人「あおばの実」の理事長を務める

山本 章さん

桂台在住 78歳

3月14日

宮原 洋明さん

中里地区青少年指導員の会長としてヒコーキ大会の運営にあたった

宮原 洋明さん

大場町在住 68歳

3月7日

冨樫 剛一さん

2月1日から横浜F・マリノスユースの監督を務める

冨樫 剛一さん

すすき野出身 52歳

2月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「緑内障で併用してはいけない薬について」 コラム【33】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    4月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook