神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

5月に横浜建設業協会の会長に就任した 福嶋 隆太郎さん 戸塚区在住 55歳

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
福嶋 隆太郎さん

好循環を建設業界から

 ○…横浜市内の中小建設業者319社が所属する横浜建設業協会。これまで理事や副会長を歴任し、5月の総会で29代目となる会長に就任した。「建設業界がどうあるかは多くの会社に影響し、さらにその背景には多くの家族もいる」。責任の大きさゆえ、重圧がないわけではない。ただ、「時間はない。世の中の好循環につなげていきたい」と力強く語る。

 ○…会長として取り組みたいこととして「確実な週休二日制と、公共事業の単価是正」を挙げる。業界を「受注産業」としながらも、「発注者が強すぎると働き手もいなくなる。それは社会として持続可能じゃない」と強調する。それゆえ、市役所や市会議員との相互交流を重要視し、「業界の状況をしっかり伝えていきたい」とする。

 ○…戸塚区出身。会社員だった父が起業したのが、現在社長を務める(株)信友建設だ。大学では「美術館やデザインが好きで」と建築科で学んだ。卒業後は市内の建設会社に勤め、現場や営業も経験した。「その時に人間力も深まったと思う」。30代になって父と働き始め、やがて経営者に。「若い時は自分本位なところがあったと思う」。そう当時を笑って振り返る今は「誰ともフラットに付き合うこと」を大切にしている。「先入観を持たず、多面的に想像することが大事」

 ○…会社の所在地は育った地元のため、同級生とすれ違うことも。「『おーい隆太郎』って街中で呼ばれるのは恥ずかしいけど、学生時代にいろんな友人と触れ合えたのは財産」。気分転換はゴルフや妻との旅行。ただ、最近は多忙で難しくもなっている。「これからを担う世代に、建設業も悪くないなと思ってもらえるスキームを作りたい」。その思いで、東奔西走する日々だ。

青葉区版の人物風土記最新6

大原 義男さん

嶮山小学校の学援隊として長年、児童の登下校を見守り続ける

大原 義男さん

美しが丘西在住 77歳

7月18日

有澤 和歌子さん

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する

有澤 和歌子さん

柿の木台在住 61歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月27日

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook