緑区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

市内観光、復興遠く ホテル稼働4割の低水準

経済

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの影響で、横浜市内の観光産業の低迷が続いている。市内ホテルの平均稼働率は7月も4割前後と見込まれ、集客のための大型催事は延期・中止が460件に上るなど苦しい状況だ。ホテル関係者は、「国のGoToトラベルキャンペーンの恩恵はあるが、通常には遠い」と漏らす。

 市によると、市内約40の主要ホテルの平均稼働率は、緊急事態宣言中の5月に20・9%と過去最低を記録。6月は36・9%で増加したものの、最新の7月も「4割に届くかどうか」とする。

 国際的な会議や大型催事などで集客を担ってきたパシフィコ横浜=西区=、横浜アリーナ=港北区=の2施設も、8月現在で460件の催事が延期・中止。いずれも稼働予定は前年の5割ほどとなっている。

 各ホテルは、近隣の観光チケット付きプランや、ホテル内で楽しめるプランを打ち出すなど自助努力で集客を図るが、「思うように伸びない」と厳しい。GoToについては「恩恵はある」というホテルがある一方、「限定的」という声も聞かれるなど、エリアや立地によって反響に違いが出ているのが実情だ。

半額助成の支援策

 こうした状況の中、さらなる落ち込みを食い止めようと、市は5億円の予算を計上し、独自の観光宿泊支援事業「Find Your YOKOHAMAキャンペーン」をスタートした。

 半額を助成する体験型の日帰り商品と、宿泊促進の割引クーポンを展開。国のGoToと併用可能な商品もそろえる。10月以降には、市内事業者から公募した集客イベントの実施も予定。販売は2月末までで、利用目標は日帰りツアー4・3万人、宿泊1・7万人を見込み、市は「感染防止策を徹底しながら、下支えしたい」と意気込む。

 事業を実施する(公財)横浜観光コンベンション・ビューローによると、滑り出しは上々で、冬に向けて商品を充実させながら、プロモーションも強めるという。

 また、新たな観光資源の発掘も目ざすとし、「市全域から可能性を探り、コロナ後にもつなげたい」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

「地域の絆が優先」

区長・連長特別対談

「地域の絆が優先」 社会

Withコロナの現状

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

簡易型録音機を配布

緑区役所

簡易型録音機を配布 社会

詐欺電話防止へ一手

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

コロナ対策で常時換気へ

市営地下鉄グリーンライン

コロナ対策で常時換気へ 経済

来年度までに全車両改修

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク