緑区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

竹山住宅管理組合協議会 団地の未来を考える 「実現可能なビジョンを」

コミュニティ社会

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
竹山団地外観
竹山団地外観

 竹山住宅管理組合協議会は、今後の竹山団地の在り方を考える「竹山未来会議」を初開催する。同協議会の稲葉壮二専任議長は「若い方など多くの住民の意見を反映し実現可能なビジョンを作っていきたい」とした。

 総戸数約3300戸を有する竹山団地の竣工は1971年。今年で築50年となり、建物も老朽化している。また、居住者は約6700人だが高齢化率44%(緑区の高齢化率は23・7%)と、高齢化が問題になっている。

 竹山団地には25の管理組合が存在しており、現在約15の組合が竹山住宅管理組合協議会に加盟し、年4回の定例会で情報交換などを行っているという。

子や孫に引き継ぐため

 同協議会は、竹山団地を限界集落にしないため、各管理組合から代表者を募り徹底した議論を行い、団地の未来を考え、実現可能なビジョンを創ることを目的に「竹山未来会議」の開催を決定した。会議は、市のマンション・団地コーディネート支援事業に採用され、市から派遣されるコーディネーターの支援を受けながら、団地再生のビジョンを作成することが目的。会議で作成されたビジョンは、各住宅管理組合の長期計画の指針となり、実行性のある事業計画につなげていくことを目指す。

 稲葉専任議長も「避けては通れない問題」とするように、想定される議論内容の一つに、住民の8割以上の同意が必要な「建て替え」か「長寿命」かの問題がある。

 また、長寿命の団地にするためには、高齢化に対応するためのエレベーター設置の検討など、設備面の課題もある。その他、団地内にある竹山団地中央商店街の活性化などが挙げられる。さらには入居希望者が増えるよう魅力的な環境づくりが必要とされている。

 「若い方など幅広く住民の声が反映する実現可能なビジョンを創りたい。また、今後は自治会と一緒に情報を共有し、取り組んでいきたい」と稲葉専任議長は話す。

 第1回の開催は26日を予定していたが、新型コロナの影響で10月以降への延期が決まっている。

緑区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

給食で酒米を提供

区内市立中

給食で酒米を提供 教育

食品ロス削減の取り組み

10月21日号

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

人と人とで編みつなぐ

人と人とで編みつなぐ コミュニティ社会

十日市場でヤンボミ開催

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook