神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2021年10月7日 エリアトップへ

人と人とで編みつなぐ 十日市場でヤンボミ開催

コミュニティ社会

公開:2021年10月7日

  • LINE
  • hatena
ニットカフェのメンバー
ニットカフェのメンバー

 十日市場の街の一部が、30日から11月20日の期間、手作りのニット作品で彩られる。編み物を通じて人と人とを編みつなぐことを目的としたイベント「十日市場ヤーンボミング!」の企画協力をするフラットガーデンでは現在、編み地を一般公募している。

 十日市場ヤーンボミング!は、様々なまちづくりのテーマを通じて、十日市場をもっと好きになれるコト、モノ、バショを再発見することを目的とした「とおかいちば・まちづくりスクール」(緑区役所協力)の一環。多くの人を集客しにくいコロナ禍であっても「街を盛り上げたい」と企画された。

 ヤーンボミングは直訳するとヤーン(糸)、ボミング(爆弾)。カラフルな編み地を木やフェンスなどに巻き付けて街を彩るストリートアートのこと。落書きとは違い塗料を使用することはないので、簡単に取り除くこともでき、雨の影響も受けない。

 現在、緑区地域子育て支援拠点いっぽ内に回収ボックスを設置し、作品の応募を受け付けている。締め切りは15日。

 フラットガーデン理事の阿久津真美さんは「糸の種類(ウール、コットン、アクリル、ナイロンなど)・形・大きさ・編み方・模様は自由です。あなたの編み地で街を彩りませんか」と呼びかけている。

 多世代交流カフェレモンの庭で行われているニットカフェなどで作成された編み地のほか、一般公募で集まったものが、十日市場駅南口ロータリーの木やクレールレジデンス横浜十日市場、ヒルタウン内に飾り付けられる予定だ。

 ニットカフェの参加者の一人で編み地を作成した周藤朝子さん(竹山在住)は、「みんなの作品がつながって、十日市場の街が明るくなるといい。多くの人に見てもらいたい」と話した。

応募の詳細はこちら
応募の詳細はこちら
飾り付けのイメージ
飾り付けのイメージ

緑区版のトップニュース最新6

憩いの居場所づくり実践

タニーサロン

憩いの居場所づくり実践

高齢者の引きこもり防ぐ

6月13日

「誰でも通園」6月下旬から

横浜市

「誰でも通園」6月下旬から

独自に「定期利用」を条件

6月13日

初のサロンで交流深まる

フォレストヒルズ三保自治会

初のサロンで交流深まる

趣味、健康の話題に花

6月6日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月6日

森の中でミニ演奏会

新治市民の森愛護会

森の中でミニ演奏会

間伐材でバイオリン制作

5月30日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

5月30日

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook