港北区版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された 畠中 槙之輔さん 都筑区出身 23歳

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena

「常勝軍団復活」を胸に

 ○…昨シーズン途中から地元の横浜F・マリノスでプレーする。守備の中心として正確なフィードと空中戦の強さで後方からチームを支えるDF。今シーズンは開幕からレギュラーとして出場を続けている。3月にはクラブでの活躍が認められ、日本代表に初選出。同26日のボリビア戦で代表デビューを果たした。

 ○…代表選出が発表されるとケータイには約300件もの応援のメッセージが。日本代表の影響力の大きさに「ワクワク3割。不安が7割だった」と苦笑を浮かべる。ボリビア戦では先発フル出場。序盤は緊張で体も固くなったというが、徐々に「意外にできる」と手応えを感じ堂々とプレー。見事無失点で勝利に貢献し、「与えられた機会で最低限の結果を出せた」と振り返る。

 ○…都筑区出身。友人に誘われ小1で地元の横浜すみれSCに入ったのがサッカーとの出合い。同級生と毎日のようにふざけあうイタズラっ子だったが、根は努力家。3年生の時、あざみ野FCの高木大輔選手(現・レノファ山口FC)のプレーに衝撃を受け、「負けたくない」と毎年恒例の家族行事のキャンプにも行かず、練習に明け暮れた。オフは自宅で映画を鑑賞したり愛猫と戯れたりするが、一番の癒しは誰よりも代表選出を喜んでくれたという妻。今年1月に入籍。「私は選ばれると信じていた」と食事からメンタル面まで苦しい時も支えてくれた最愛の人は、活躍の大きなモチベーションになっている。

 ○…地元でプレーができるからと移籍したF・マリノス。今シーズンの目標は「リーグ優勝」と力強く断言する。「今のマリノスを強くできるのはプレーしている僕ら」と15年ぶりの優勝で常勝軍団復活を誓う。若きトリコロール戦士の挑戦は続いていく。

港北区版の人物風土記最新6

鈴木 悦朗さん

(一社)横浜市港北区医師会の会長に就任した

鈴木 悦朗さん

大豆戸町出身 64歳

8月15日号

横溝 由綿子さん

第24期 よこはま・ゆめ・ファーマーに認定された

横溝 由綿子さん

新吉田町在住 55歳

8月8日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

7月25日号

酒井 誠さん

港北区商店街連合会の会長を務める

酒井 誠さん

日吉本町在住 57歳

7月11日号

三浦 久さん

トレッサ横浜の新プレジデントに就任した

三浦 久さん

川崎市在住 52歳

7月4日号

飯山 精三さん

社会福祉法人 横浜市港北区社会福祉協議会の会長を務める

飯山 精三さん

大倉山在住 83歳

6月27日号

加藤 光さん

小学4年生時に脚本を手がけ12年、6月23日の上映会でスピーチする

加藤 光さん

大倉山在住 22歳

6月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク