港北区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

(PR)

「インプラントのトラブルは?」 かず歯科医院、鈴木院長

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 「自身の歯のように噛める」というインプラントだが、どんなトラブルがある?――。東急東横線・大倉山駅前にある「かず歯科医院」の鈴木和夫院長に聞いた。

 インプラントは顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、人工の歯をかぶせる治療法。鈴木院長によると、今では一般的な治療法だが、トラブルを避けるためには細心の注意と技術、経験が大切だという。

 主なトラブルは、インプラントが細菌に感染することによる周囲炎や腫れ・痛み・しびれの継続、不適切な噛み合わせなど。「少しの不安・疑問でも事前に医師に相談するとよいでしょう。医師には治療だけでなく、患者様の気持ちに寄り添う役割もあると思っています」と鈴木院長。

6000本超の実績

 鈴木院長は神奈川歯科大を卒業し、医局員として東京女子医科大学口腔外科に勤務。10年以上勤めた都内インプラントセンターでは、センター長も歴任した。これまで26年間にわたるインプラント治療で手がけた実績は6000本を超す(1994年〜現在)。

専用オペ室も完備

 院内整備にも力を入れ、歯科用CT、治療室とは別のインプラント専用オペ室(クリーンルーム)も設置。また、万が一に備え、インプラント10年間保証も導入する。

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

港北区版のピックアップ(PR)最新6

小3年生、学力ジャンプを

啓進塾中学受験専門

小3年生、学力ジャンプを

 夏期講習を募集

7月2日号

安心の永代供養墓が4万円

後々の費用一切なし/宗教自由

安心の永代供養墓が4万円

眞宗寺 川崎大仏が見守る霊園

7月2日号

水まわりの相談は菊名ウォータープラザへ

水まわりの相談は菊名ウォータープラザへ

市水道局の「水の総合サービス提供事業」協力事業者(株)ビルド

7月2日号

新生活様式の体ケア

新生活様式の体ケア

接触少ない仙骨施術

7月2日号

こどもタウンニュースよこはま版

「外出控え」…でも定期診療は大切

「外出控え」…でも定期診療は大切

インプラント、歯周病等のトラブル防ぐ

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク