港北区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市 給付金、問い合わせ止まず 1週間で約2万件

経済

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市に対する定額給付金の問い合わせが相次いでいる。

 市の定額給付金担当によると、横浜市定額給付金コールセンターへの問い合わせ件数は申請書発送となった5月28日から一週間で約2万件に上った。5月18日のコールセンター開設から6月9日までの累計は34,912件で、多い日で一日に4,417件もの問い合わせがあった。市は、現在最大100回線で対応しているが、つながりにくい状況が続いている。

 問い合わせの内容は、申請方法、申請書の書き方、進捗状況に関するものが多いという。振り込み日に関するものも多数来ており、市担当者は「オンライン申請は5月28日から、郵送申請は6月9日から振り込みを開始している。今しばらくお待ち頂きたい」とする。申請後の状況は、ホームページで確認が可能。郵送の場合は、申請書の宛名に印字されているバーコードの下の13桁の番号、オンライン申請の場合は受付番号で照会ができる。

 9日までのオンライン申請数は約9万件、郵送申請は約50万件に上る。郵送申請がかなり集中しているため、市の担当者は「申請時期の分散化にご協力をお願いできれば」と話す。なお、申請書の郵送はすでに完了しており、未着の場合は連絡が必要。転送手続きを行った人は20日までに届かない場合に連絡する。

 問い合わせは、横浜市定額給付金コールセンター(【電話】0570-045592)。午前9時〜午後5時(6月は土日も対応)。
 

港北区版のローカルニュース最新6

コロナ禍における「かかりつけ薬剤師」機能とは

港北区薬剤師会

コロナ禍における「かかりつけ薬剤師」機能とは 社会

高木健司会長に聞く

10月15日号

筋トレで広がる地域の輪

筋トレで広がる地域の輪 社会

元アメフト選手が発起人

10月15日号

薬と健康の週間

薬と健康の週間 社会

17日から23日まで

10月15日号

連携プレーで人気商品産む

連携プレーで人気商品産む 社会

「丈夫、長持ち」猫のつめとぎ

10月15日号

自転車盗が多発

【Web限定記事】

自転車盗が多発 社会

無施錠の窃取、半数以上

10月15日号

女性特有のがんと検診

ピンクリボン月間企画

女性特有のがんと検診 社会

〜私らしく地域で生きる〜

10月15日号

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク