都筑区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

みずきが丘・荏田東間 自転車マナーに一手 区内初の専用レーン開通

社会

青色のレーンが自転車専用に
青色のレーンが自転車専用に

 自転車と歩行者が安全に通行できる道路づくりの第一歩として、3月28日から区内初となる自転車レーンが開通した。整備されたのは、みずきが丘と荏田東の交差点の間約1Km。自転車マナーの改善や事故の減少につながることが期待されている。

 全国的に整備が進む自転車レーン。自転車は本来車道の左側を走ることが交通ルールで定められているが、車との境がなく危険なため歩道を走る人も多い。しかし、狭い歩道では歩行者との接触事故にもつながりやすい。近年は、そんな自転車マナーの悪さが指摘され、両者が安全に通行できる道路空間づくりが求められている。

 区内でも自転車事故の件数は多く、平成23年は交通事故の発生件数782件のうち153件と、約2割をしめている。子育て世代が多い区内では、「子どもが安心して自転車に乗れるようにしてほしい」などの要望が寄せられていた。そんな中、都筑土木事務所に届いたのは「みずきが丘交差点から荏田東交差点間の歩道が狭くて危険」だという近隣住民からの声。この道の付近には、センター南駅や区総合庁舎などの公共施設が多数立地しているほか、沿道にはつづきの丘小学校があり、児童の通学路となっている。十分な車道幅が確保できるという条件も揃っていたため、同地での敷設が決まった。

 整備されたレーンは、車道の左側1・5m幅の青色で塗られた部分。「自転車はレーン上を車と同じ向きに走る」「車はレーン上で駐車できない」など、新たなルールが適用される。同レーンを通っていた人は「車との距離に余裕ができて安心して自転車に乗れる」と話した。都筑警察では、「自転車の左側通行や自動車が左折する際の後方確認など、基本的なルールを改めて確認してほしい」と話している。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク