都筑区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

メイドインつづき パラスポーツ普及へ始動 車イスバスケ体験

社会

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
参加したメンバーら
参加したメンバーら

 都筑区内中小製造業などが集まる「メイドインつづき」は、ものづくりの力でスポーツ車イスの改良や、パラスポーツの普及をめざすプロジェクトを立ち上げた。4日に、初のイベントとして元パラリンピック選手の上原大祐さんを講師に車イスバスケ体験会を行った。上原さんは「体験することでものづくりに生かしてもらえれば」と話した。

 メイドインつづきのメンバーの一人がイベントで、パラアイスホッケーメダリストで3度のパラリンピックへ出場した上原さんと出会ったことが同企画のきっかけ。パラスポーツの普及や障がい者向けのものづくりを行っていることを知り、「ものづくりを専門的に行う我々にできることがあるのでは」と同プロジェクトを考案。

 車イスバスケ等のパラスポーツは、タイヤのゴム跡や転倒時の傷つきから体育館など施設利用を断られることもあるという。そこで、床を傷つけにくいタイヤの製作や、より強い衝撃に耐えられる車イスに改良できるよう、まずは、用具の知識や取り扱い方法、課題を見つけるために車イスバスケの体験会を実施した。

活動を広げていく

 プロジェクトのキックオフイベントとなった車イスバスケの体験会には、メイドインつづき参加企業のメンバーや横浜ビー・コルセアーズの森井健太選手など約20人が集まった。上原さんからレクチャーを受けながら、参加者は白熱した試合を繰り広げた。

 参加したメイドインつづきの近藤芳正さん(ミカワ精機代表)は、「操作方法が難しかった、明日は筋肉痛かも」と笑顔を見せながら「体育館に傷がつきにくいタイヤの開発などができれば使用できる場所が増えるかもしれない」と製作に意気込んだ。また、会場となった国際プールの吉田文雄館長は、「私の仕事はスポーツの普及だけでなく、スポーツを使ってまちを作ること。今日のこの出会いが始まりとなってコミュニティが広がっていけば」と期待を込める。上原さんは参加者に「いい車イスを作ってくださいね」と笑顔で呼びかけ「パラスポーツはみんなができるスポーツ。今日感じた楽しさを胸にこのプロジェクトを通じてパラスポーツが広がれば」と話した。

 今後は、車イス改良に向けたヒアリング等を行っていく予定。近藤さんは「メイドインつづきとして、困っている人のために行動していく」と話した。

都筑区版のトップニュース最新6

接種予約を無償サポート

快活CLUB北山田店

接種予約を無償サポート 社会

市内の高齢者対象に

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

開館は17カ月遅延へ

都筑区民文化センター

開館は17カ月遅延へ 文化

24年度にずれ込む

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

クックパッド本社 MM(みなとみらい)へ

クックパッド本社 MM(みなとみらい)へ 経済

食の「つくり手」集まる場に

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第67回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

    6月10日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter