旭区版 掲載号:2014年10月30日号
  • googleplus
  • LINE

文部科学大臣賞に選ばれた中尾小の学校歯科医を務める 江口 康久万(やすくま)さん 中沢在住 55歳

児童の健康 口から守る

 ○…「全日本学校歯科保健優良校表彰」で、日本全国の小学校から3校だけが選ばれる文部科学大臣賞を受賞した中尾小。同校の学校歯科医として、四半世紀にわたり児童の歯を見続け、口から健康を守るため指導を行ってきた。それだけに、「甲子園で優勝したような気分。すごく嬉しい」と喜びを表現し、「学校と保護者の協力があってこそ」と感謝を口にする。

 ○…中沢小、万騎が原中の卒業生で旭区はまさに「地元」。「その時代は本当に子どもが多くて、中学は1学年14クラスだったよ」と懐かしそうに振り返る。歯科医を志したのは、「当時は歯医者が足りないという時代。器用だったから、それを生かしたいと思って」。学生時代に父親を亡くし、学費は家庭教師やビアガーデンのボーイなどアルバイト代で捻出した。卒業後、「やるんだったら早い方がいい」と28歳で独立。二俣川に「江口歯科・矯正」を開業した。ただ、独立後も多くの論文を書き続け、歯学博士の学位も取得。「大学に残った人には負けたくなかった」と負けん気をのぞかせる。

 ○…「やりはじめると、とことんまでやっちゃう。でも、完璧主義者じゃなくて心配性なだけ」。仕事もとことんまで突き詰めるが、忘れさせてくれる趣味が、歴30年のダイビング。多忙なスケジュールを調整して、沖縄の青い海に潜る。病院の待合室でその映像を流すほどだ。しかし、「趣味もいいけど、仕事を一生懸命やった方がみんな喜んでくれるからね」と苦笑いする。

 ○…中尾小の児童に虫歯などが少ないことに関して、「歯医者の商売的には首をしめているかもしれないね」と笑う。しかし、「医療には自己犠牲の精神が必要。地域の方の健康を守らなきゃいけないから」と意に介さない。学校歯科医としても、毎年新しいことに取り組む。「幸せは人それぞれ違う。でも健康でありたいっていうのは、みんなに共通している」。子どもたちの未来を見据え、歩み続ける。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6件

市川 慎二さん

横浜旭ロータリークラブの会長に新しく就任した

市川 慎二さん

7月26日号

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月19日号

宮西 隆行さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に就任した

宮西 隆行さん

7月12日号

山本 宗明さん

白根通り商店会の会長を務める

山本 宗明さん

7月5日号

水野 佐知香さん

横浜音楽文化協会会長に就任した

水野 佐知香さん

6月28日号

島袋 李奈さん

ジョイナステラス二俣川で初開催のミュージックライブに出演したシンガーソングライター

島袋 李奈さん

6月21日号

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク