旭区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

旭区 元気づくりマップを作成 12エリアごとに展開

社会

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
マップはエリアごとに色分けされている
マップはエリアごとに色分けされている

 旭区役所高齢・障害支援課はこのほど、区内12カ所ある地域ケアプラザの周辺エリアごとに、介護予防に関する活動を紹介する「旭区元気づくりマップ」を作成した。マップをきっかけに地域参加を促し、健康づくりや介護予防の意識を高めてもらうのがねらい。

 元気づくりマップは、エリアごとに地域で活動する団体やケアプラザの自主事業などを、「運動・体操」「趣味・文化」「サロン・食事会」など目的にわけて紹介している。11月から各ケアプラザなどで配布を開始しているが、自治会からも地域に配りたいという要望があるという。同課の新井隆哲課長は「外出するきっかけづくりを提供したい。マップが有効なツールになれば」と話す。

 65歳以上の高齢者数が6万9130人と市内最多の旭区(2016年3月31日時点)。旭区では13年から「みな元気 旭!」をキャッチフレーズにして、地域での健康づくりや介護予防に取り組んできた。この取り組みの一環として前年度には、旭区が認定した介護予防活動の紹介をする「みな元気 旭!活動場所マップ」を旭区全域で一種類作成。今年度は、より身近な場所で参加してもらおうと、エリアごとに作り、さらに紹介団体も増加させた。

 製作にはケアプラザ職員も協力し、各団体に調整を図ったという。若葉台地域ケアプラザの徳本弓子さんは「グループの方も団体の案内につながるので、快く承諾してくれた」と振り返る。同課では、各団体のPRとしての活用も期待している。新井課長は「マップは年度ごとに更新していく予定。活動の参加者が増えることで区の活性化を図りたい」と話した。

 マップはケアプラザのほか、同課、旭スポーツセンター、老人福祉センター「福寿荘」、市民活動支援センター「みなくる」などで配布。12種類セットで置いてある。詳細は同課【電話】045・954・6125へ。

旭区版のトップニュース最新6

前年同数で少なめ推移

旭区内火災件数

前年同数で少なめ推移 社会

原因最多は「たばこ」と「放火」

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

二俣川で「重忠」情報発信

旭区

二俣川で「重忠」情報発信 文化

「大河ドラマ」放送に伴い

1月20日号

秋季神奈川大会で優勝

旭リトルリーグ

秋季神奈川大会で優勝 スポーツ

投手力と走塁力で制す

1月20日号

「期待の春に万全の準備を」

(株)横浜DeNAベイスターズ

「期待の春に万全の準備を」 スポーツ

木村社長新春インタビュー

1月13日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 社会

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook