旭区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

舞台俳優で、特殊詐欺の防犯演劇で啓発活動を行う「表現のチカラ」代表を務める はだ 一朗さん 中白根在住 47歳

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena

社会問題に”表現のチカラ”を

 ○…高齢者を狙う「特殊詐欺」を防犯演劇による啓発活動で防ごうと、昨年9月に任意団体「表現のチカラ」を発足。これまで青葉区や中区、旭区で自らが出演する防犯演劇とワークショップを行ってきた。「市内全18区で実施する」という目標達成に向け、今年5月から8月にはインターネット上で公演資金を募る取組みも実施。50人以上の支援を得て目標額を達成した。「仲間を増やし持続可能な活動にしなければ―」。決意を語る表情には少し緊張もにじむ。

 ○…特殊詐欺を知ったのは、演劇ユニット「PROJECT一照(いってる)」として大阪で活動している時。犯罪者が演劇の手法を用いて高齢者を欺く事実に衝撃を受けると同時に、表現者として強い怒りも覚えた。「プロが”なんちゃって表現者”に負ける訳にいかない」。使命感に駆られ、ユニットで防犯演劇をスタート。大阪府警の協力も得て、大阪各地で公演を重ねてきた。

 ○…自宅のある神奈川での特殊詐欺被害は大阪を超えるが、仲間や会場、認知不足など活動の展開には壁を感じる日々だ。目標は多様な表現者を集め、社会問題にアプローチする団体に成長させること。「日本での表現者の社会的地位も上げていきたい」。今はさまざまな施設を回り、関係作りとPRに奔走している。

 ○…23歳の時に観劇好きの彼女と観た野田秀樹氏の作品『贋作 罪と罰』に号泣した。勢いで「劇団☆新感線」のオーディションを受け、合格。就職後間もなかったが、脱サラして入団した。退団後は、新たな場で数々の舞台を制作し看板俳優として出演してきたが、周囲の評価を気にしすぎて自信を持てない苦しい時期も続いた。「表現のチカラの活動は一つの転機。自分自身も成長できたら」。表現者として新たな一歩を踏み出した。

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は20万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月14日号

根本 正慶さん

「GENKI会」の世話人を務める

根本 正慶さん

笹野台在住 76歳

11月7日号

青井 純子さん

希望が丘商店会の会長を務める

青井 純子さん

東希望が丘在住 59歳

10月31日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

10月10日号

菊本 和昭さん

NHK交響楽団で首席トランペット奏者を務める

菊本 和昭さん

区内在住 38歳

10月3日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク