旭区版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

若葉台遊水池水辺愛護会の会長を務める 松延 邦明さん 若葉台在住 76歳

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena

若葉台の自然に浸る

 ○…若葉台にある広々としたグラウンドに隣接する遊水池を保全するために、新たに結成された「若葉台遊水池水辺愛護会」。さまざまな団体に協力を呼び掛け、会長として準備段階から尽力してきた。これまでに2回の活動を終えたが、「やっと動き出したばかり。まだまだこれから」と先を見据えている。

 ○…近隣でとれた竹や松ぼっくりをはじめとした素材を焼いて炭にするなど、自然に寄り添った活動に取り組む「若葉台炭焼き工芸普及会」でも会長を務めている。遊水池に目を向けたのは、コロナ禍の5月頃。炭焼きの活動の一環として旧若葉台西中学校内で咲かせたハスの花を、きれいにした遊水池に植えられないかと思いついた。「遊水池の周囲を散歩したり、走ったりする人は多い。せっかくならきれいにできないか」。土木事務所へ連絡をとり、少しずつ話は進展。半年にわたる準備を経て、11月から会として動き出した。

 ○…福岡県出身。仕事では工場などの作業環境で健康障害などを引き起こすガスの測定、簡易測定器の製作などに長年携わった。職場で研究や実験などに明け暮れた影響や、自然に囲まれた環境で育ったこともあり、「今では自然の中にどっぷり。これが本来の自分ですかね」とにっこり。愛護会や炭焼きでの活動以外には、近隣で借りている畑に行くのが日課で、自然の中で生き生きと過ごしている。

 ○…現在の遊水池はアシやガマが茂っている状態のため、当面は清掃や除草が活動の中心。ほかにも野鳥観察や水質調査なども行い、春前を目途にハスを植えていく予定だ。「春には桜、夏祭りや花火、そしてハスも楽しめる場所になれば」。若葉台の新たな名所を目指し、仲間と共に遊水池をよみがえらせる。

旭区版の人物風土記最新6

北澤 正浩さん

横浜旭ロータリークラブの会長に就任した

北澤 正浩さん

区内在住 53歳

7月22日号

椎木 清貴さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に就任した

椎木 清貴さん

瀬谷区在住 48歳

7月15日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

7月8日号

大庭(おおば) 良治さん

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める

大庭(おおば) 良治さん

横浜市在勤 62歳

6月24日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月17日号

柳沢 響月(きづき)さん

レーシングカートのレーサーとして活躍する

柳沢 響月(きづき)さん

中白根在住 13歳

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter