瀬谷区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

小林秀行さん(本郷) スポーツ功労者に選出 卓球に情熱注ぎ65年

スポーツ

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする小林さん
賞状を手にする小林さん

 地域や職場におけるスポーツの普及・発展に貢献した人を文部科学大臣が表彰する「生涯スポーツ功労者」に、県卓球協会の副会長などを務め、指導者としても活躍する小林秀行さん(78・本郷)が選ばれた。10月11日には都内で表彰式が執り行われた。

 この表彰制度は長年にわたりスポーツの普及や指導に尽力した人を対象としている。今年度の被表彰者は163人で、県からは5人が選出。県スポーツ課によると、小林さんは多世代を対象にしたイベントを通じて競技人口の拡大に貢献した点などが評価された。

 小林さんは東京都出身。中学から卓球を始め、高校では都大会優勝やインターハイ出場などの実績を残した。高校卒業後、卓球部を創設した日産自動車(株)に就職。選手時代は日本代表選出、国体の団体3位など活躍するも、「一流のトップレベルには届かない選手でした」と振り返る。

 この悔しさをバネに挑んだのが指導者の道だ。20代後半だった1969年、同社卓球部の総監督と女子監督に就任し、地方の有力選手をスカウトするなど人材育成に注力。監督10年目にして女子チームを悲願の日本一に導くと、ここから10年間で32度の全国優勝を成し遂げた。「技術だけでなく、人間として成長する選手を見るのが何よりの喜びでした」と指導者としての醍醐味を説明する。

 監督就任と同時期に、市や県の卓球協会の役員も担うようになった。日本の実業団リーグの委員会にも携わり、現在は県卓球協会の副会長兼強化部長を務めている。

 定年後の2004年、地元で指導したいと横浜隼人中学・高等学校の女子卓球部の強化専任コーチに就任。同部を全国の強豪校に押し上げ、今なお「元日をのぞいて1年中卓球漬け」というほど指導に情熱を注ぐ。

 功労者選出については「周囲の人に恵まれ、支えられてきました。受賞できたのは皆さんのおかげです」と感謝の気持ちを話す。また、「卓球人生もそろそろ最終コーナーだと思っていましたが、もう少し頑張って地域に恩返しをしたいです」と更なる活動に意欲を見せている。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6

15年ぶり、王座奪還

横浜F・マリノス

15年ぶり、王座奪還 スポーツ

J1通算450勝も達成

12月12日号

市選抜大会で初優勝

オール瀬谷

市選抜大会で初優勝 スポーツ

区内の野球少年が一丸

12月12日号

「土地利用に区民の声を」

上瀬谷通信施設返還対策協議会

「土地利用に区民の声を」 社会

横浜市に要望書

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜F・マリノス

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

厚労大臣表彰を受賞

三ツ境諸橋政治さん

厚労大臣表彰を受賞 社会

共同募金運動に長年尽力

11月28日号

防災3団体が50周年

防災3団体が50周年 社会

合同式典で祝う

11月28日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クリスマスデコポット作り

旭 区

クリスマスデコポット作り

ジョイナステラスで14・15日

12月14日~12月15日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク