瀬谷区版 掲載号:2014年6月19日号
  • googleplus
  • LINE

最年少で剣道8段審査に合格した 辻山 和良さん 瀬谷在住 46歳

極めた剣道、その先へ

 ○…「日本の数ある試験のなかで最も取得困難」と言われ、合格率は1%以下。3月30日に岡山県で行われた全日本剣道連盟が定める8段審査に、最年少の46歳で合格した。「まずはほっとした。8段は夢でもあり目標でもあった」と話し、独特の緊張感から解放された発表時を思い返す。「剣道は人間形成の場。子どもたちにもっと興味を持ってもらいたい」。穏やかながら、その眼差しは揺るがない。

 〇…瀬谷出身。子ども時代は川に入って遊んだり自転車で江の島まで出かけたり、とにかく体を動かすことが好きだった。剣道との出会いは小学1年生の4月。「剣道をやりたい」という父親とともに練習を覗きに行って興味が湧き、瀬谷区剣道連盟瀬谷支部に入門。瀬谷中学校時代は「楽しかった記憶しかない」ほどのめり込み、同校初の全国大会出場を果たした。東海大相模高校時代はインターハイを経験。その後、東海大学武道学科へ進学し、歴史や技術など剣道を学問として学ぶうち「得た知識を頭の中で終わらせるのではなく、実技に生かすことが本当の剣道なのでは」との思いを抱き、本格的に剣道を追求する場をめざす。

 〇…1990年に神奈川県警察に採用され、第2機動隊員に。その傍ら特別訓練員として剣道の鍛錬に励み、県警代表で数々の大会に出場してきた。08年に警察技術職員となり、県内11署で各署配属の助教を指導する日々だ。8段の受験資格を得られる46歳になり2度目の挑戦で夢を手にした。2次審査はほぼ記憶にないと言い、「後で映像を見て2回しか竹刀を振っていないことに驚いた。それだけ無意識だったのかもしれない」と話し、「ここからがまた自分の剣道の始まり」と気持ちを引き締める。

 〇…一緒に始めた父親は78歳の今も区内の道場で稽古をつけているという。「生涯剣道という言葉があるように、何歳でも出来るのが魅力」。剣道の奥深さをこれからも伝えていく。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

橘和 美優さん

国際コンクール受賞記念のバイオリンコンサートを8月19日に開く

橘和 美優さん

7月26日号

東(ひがし) 七男さん

荒れ地を花壇として整備した、みなみせやフラワーズの代表を務める

東(ひがし) 七男さん

7月12日号

久松 紘一さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

久松 紘一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

伊藤 吉治さん

瀬谷区商店街連合会の新会長に就任した

伊藤 吉治さん

6月14日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク