瀬谷区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市 推進ロゴマークで国際園芸博PRを 協力者を募る

社会

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
推進委員会の設立総会で、林文子市長がロゴマークを発表した
推進委員会の設立総会で、林文子市長がロゴマークを発表した

 2027年に旧上瀬谷通信施設で開催予定の「国際園芸博覧会」のPRについて、横浜市が今月17日、推進ロゴマークを活用する協力者の募集を始めた。

 ロゴマークは、昨年11月の「2027 国際園芸博覧会推進委員会」の設立総会で発表された。市の花であるバラがモチーフで、世界中の人々が集い交流する様子を、折り重なる花びらで表現。茎の部分は横浜市を表す「y」になっており、日本語と英語でそれぞれ2種類のデザインがある。

 PR協力者の募集は、ロゴマークを活用し、国際園芸博を一緒に盛り上げてもらうことが目的だ。活用例は名刺やポスターへの掲載、商品パッケージへの使用、シンポジウムなどイベントでの利用など。市は協力者のメリットとして、マークを無料で使用できる点や、同委員会ウェブサイトなど広報媒体での紹介を上げている。

 対象は、企業や団体(個人のぞく)。希望者は市ホームぺージ(下記リンク)でダウンロードできる申請書に必要事項を記入して、市都市整備局国際園芸博覧会推進課へ。ガイドラインなど詳細は市ホームぺージや、同課【電話】045・671・4627。https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/seisaku/torikumi/engeihaku/logopr.html

瀬谷区版のローカルニュース最新6

愛情注いだ花々巡って

瀬谷オープンガーデン

愛情注いだ花々巡って 社会

個人宅や公園など会場に

4月22日号

市民から写真を募集

瀬谷区民活動センター

市民から写真を募集 社会

ミニギャラリーに展示

4月22日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

4月22日号

異文化交流の支援を

異文化交流の支援を 社会

市が補助金公募開始

4月22日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter