泉区版 掲載号:2011年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

敬老イベントに引っ張りだこ 新橋小2年の小林竜也君

こども落語全国大会に出場した
こども落語全国大会に出場した

 敬老の日や地区まつりなどのイベントに、新橋小学校2年生の小林竜也(たつや)君(弥生台・8歳)が引っ張りだこだ。

 竜也君は母、由紀子さんが命名した小林亭竜之介(たつのすけ)として、横浜にぎわい座や関内ホールでも演目を披露したことがあるこども落語家。レパートリーは10席を数える。

 領家キッズ保育園に送迎していた岡津町の祖父、細江順一さんが車中で聴いていた『寿限無(じゅげむ)』を4歳のときに覚えたことをきっかけに、次から次へと演目を記憶。細江さんとの風呂での練習が日課となり、DVDも見て、演目をものにしてきた。

 宮崎県日向市で7月に開催され17都県30人が参加した、こども落語全国大会にも出場。小学生高学年〜高校生が参加する中『一目上がり(ひとめあがり)』などを披露した。予選突破はならなかったが、桂歌春大会会長から絶賛され、審査員特別賞を受賞した。

 「特別賞はすごいことだと思った。他の人の素振りが勉強になったし、来年は決勝戦にいきたい」と竜也君は大会を振り返り、さらなる向上心を見せる。

泉区版のローカルニュース最新6件

3/13家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク