泉区版 掲載号:2013年10月10日号
  • googleplus
  • LINE

泉区基準地価 緑園など6地点で上昇 変動率は0.1%と小幅

経済

 国土交通省はこのほど、今年7月1日時点の基準地価を公表した。県内927地点の平均変動率が5年振りに上昇、市内でも北部や中心部などで2〜3%台の伸びを見せる中、区内の住宅地平均変動率は市内で2番目に少ない0・1%と小幅な上昇にとどまった。

 基準地価は毎年7月1日時点の1平方メートルあたりの地価について、都道府県が不動産鑑定士の評価を踏まえ判定するもので、国土交通省が毎年9月20日頃に公表している。都道府県や政令指定都市が公共事業用地の取得価格に関する算定基準として利用するほか、一般の土地取引価格の指標ともなる。

 今回の調査で住宅地の平均変動率は、横浜市、川崎市、相模原市のほぼ全ての区や大和市、茅ヶ崎市、藤沢市など計32の市区(前回調査時は川崎市中原区など6区)で上昇。商業地は横浜市、川崎市を中心に茅ヶ崎市、海老名市、座間市など計27の市区町(同川崎市中原区、横浜市都筑区など10区)で上昇した。

住宅地平均は18万円/平方メートル

 市内の基準地価は、住宅地が瀬谷区を除くすべての区で上昇(変動率1・1%)し、商業地も旭、栄、瀬谷の3区を除く15区で上昇(同1・8%)した。

 変動率の上位は、住宅地が港北区2・4%、都筑区2・0%、鶴見区1・8%、商業地が西区3・7%。都筑区3・1%、神奈川区2・8%。下位は住宅地が瀬谷区0・0%、泉区0・1%、旭区と栄区が0・4%、商業地が栄区マイナス0・5%、瀬谷区マイナス0・3%、旭区0・0%で4位が泉区0・2%だった。

 区内の基準値は12地点。住宅地9地点の平均は18万600円で、緑園3丁目の25万5000円(2・4%)など4地点で上昇した一方、上飯田町のマイナス1・3%など4地点では下落となった。

 商業地3地点の平均は27万2300円で、弥生台の28万4000円(0・4%)など2地点で上昇し、1地点が横ばいだった。

暑中お見舞い申し上げます

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

中田地区学童保育所運営委員会

横浜市泉区の中田地区で5カ所の学童保育を運営しています

http://www.city.yokohama.lg.jp/izumi/10kodomo/03gakkou/houkagozidoukurabu.html

<PR>

泉区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

四季の会が活動30年目へ

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

来年4月から1年休館

泉公会堂

来年4月から1年休館

7月19日号

「10月頃まで油断禁物」

熱中症

「10月頃まで油断禁物」

7月12日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク