泉区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

髪の毛を寄付する(下) 患者にとっての希望に この連載は全3回で、ヘアドネーションの現状について取り上げます。

経済

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena

 「やっぱり女の子ですから特に髪は大切なのだと思います」。そう話すのは小児がんを患い、髪を失った7歳女児の母親だ。

 治療のためとはいえ、娘の髪が抜け始めた時のショックは大きかった。そんな中で耳にしたのが「NPO法人JHDAC」の活動だ。実際にウィッグを受け取り、横浜市内の賛同美容室で娘に合うよう「自然な感じ」にカットしてもらった。「今年は七五三。写真もこれから撮るんです」。そう話す声にもうれしさがにじむ。

 周囲の理解がある学校では帽子を被っているが、周りの目が気になる外出時はウィッグが欠かせない。「ウィッグは娘に外へ出る勇気を与えてくれました。提供して下さった皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです」

関東に新拠点

 ヘアドネーションへの関心が高まり、利用客の要望から取り組みを始めた美容室もある。「Ley上永谷店」=港南区=がその1つだ。

 開始からまだ1年も経たないが、これまでに同店で毛髪を寄付した人は50人ほど。市内でも賛同美容室はまだ少なく、寄付目的で来店する客は多いという。同店スタイリストの齋藤慧さん(31)は「髪を提供した人も、提供された人もうれしいと思う」と話す。

 また「美容室アルコバレーノ」=川崎市=を開く戸塚貴博さん(44)は「関東にもヘアドネーションの拠点を」と昨年、医療用ウィッグを無償提供する「スマイルプロジェクト」を立ち上げた。

 一般社団法人日本かつら協会や提携工場などと協力し髪の毛を工場に無償提供することで、高品質のウィッグを安価で作ってもらう仕組みを構築。これまでに3人の子どもへウィッグを提供している。

 戸塚さんは「まずは理美容師がウィッグへの理解を深めることが大事。『かつら=髪が抜けた人のもの』という考えをなくし、おしゃれするような感覚で定着すれば」と、最終的にはウィッグに対するイメージを変えたいと願う。同プロジェクトでは現在、3人にウィッグを提供できる状況だという(問合せ【電話】044・948・9588)。

 処分されていた髪の毛が形を変え、誰かを勇気づけ笑顔にする。新たなボランティアとして、支援の輪が広がっている。

(了)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

変わった、見つけた

変わった、見つけた 社会

新年度の泉区役所編

4月9日号

市内にワイン用ブドウ園

市内にワイン用ブドウ園 社会

 横濱ワイナリー  苗オーナー募集

4月9日号

コロナ関連の手口も

コロナ関連の手口も 社会

特殊詐欺に注意

4月9日号

生活・防災マップ配布中

生活・防災マップ配布中 社会

備えの基本一覧に

4月9日号

ネット公開始まる

国宝・金沢文庫文書

ネット公開始まる 社会

4月2日号

里山ガーデン延期

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク