泉区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

全国定通制陸上大会 加藤茜さんが二冠達成 大会優秀選手にも選出

スポーツ

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena
優勝の喜びを語る加藤さん
優勝の喜びを語る加藤さん

 県立横浜修悠館高校の加藤茜さん(17)が、8月に開催された「全国高等学校定時制通信制陸上競技大会」の女子100m、200mの部で優勝。大会優秀選手に選出された。9月8日には県庁舎に黒岩祐治知事を表敬訪問。通信制高校代表として挨拶した。

 大会は8月11日から駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催され、男女合わせて26競技が行われた。加藤さんは女子100m、200m、400mリレーの3種目にエントリー。3年生にして初出場だったが、100m、200mともに順調に予選を突破。迎えた決勝では、それぞれ13秒07、27秒84のタイムで優勝。短距離二冠を達成し、大会優秀選手にも選出された。

 大会を振り返り加藤さんは「まさか優勝できると思っていなかったので驚きました」と明るく笑う。陸上競技を始めたのは中学校1年生の頃。もともと身体を動かすことが好きで、短距離を専門として、日々部活動に励んできた。しかし、大きな大会で記録が出たことは無かったといい、今回の優勝は喜びもひとしおだ。

 同校でも入学と同時に陸上競技部(土井義浩顧問)へ入部。今年4月に入って3人の後輩ができたが、それまでは、部員は自分ただ一人だけ。顧問と工夫しながら練習を重ねてきた。「やった分だけ記録が伸びていったのを感じ、また練習を頑張れた」。思い起こせば6月の県予選はふくらはぎの故障を抱えていた。それでも自分を信じて走り抜いたことが結果につながった。

 全国大会で厳しかったのは200メートル。最後の最後まで隣のレーンの選手と大接戦。残り10メートルに差しかかった時には「顧問の先生や家族、友人の顔が急に浮かんで自分でも信じられない力が湧いた」と言い、0・08秒の僅差で振り切った。

 現在は部活動を引退し、バレエやタップダンスで身体を動かしている。加藤さんは、「全国の舞台で優勝した経験はかけがえのないものになった。陸上をやりきってよかったと思います」と晴れやかに話した。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

受入れ第1号が帰国

受入れ第1号が帰国 社会

ベトナムからの介護インターン

12月12日号

候補地 中区で市内初開催

IR説明会

候補地 中区で市内初開催 経済

市長「丁寧に説明」繰り返す

12月12日号

SDGs広め全国表彰

中和田中PTA

SDGs広め全国表彰 社会

途上国支援の取り組みが評価

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「先生いらっしゃいませ」

「先生いらっしゃいませ」 社会

支援級生徒が仕事体験

11月28日号

岡津地域にケアプラザ

岡津地域にケアプラザ 社会

12月1日オープン

11月28日号

「緑吹サウンド」全国へ

「緑吹サウンド」全国へ 社会

発表通し技術磨く

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク