泉区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

障がいがある娘と共に歩む日々の記録映画が上映される 西村 信子さん 上飯田町在住 74歳

幸せって何だろう

 ○…「奈緒ちゃん」。今もそう呼ぶ声はすこぶる優しい。てんかんと重度の知的障がいがある娘・奈緒さんは1973年生まれの44歳。生後間もなく1時間以上の発作を起こすなど出産直後から不安でいっぱい。周りと比べ「なぜ自分だけ」と悔しくて何度も自分を責めた。それでも「奈緒がいたからこその人生」と今は胸を張って生きている。8歳から35年に渡る、泣いて、笑って過ごした家族の記録がドキュメンタリー映画として、1月12日に泉公会堂で上映される。

 ○…上飯田町に移り住むきっかけになったのは一枚のチラシだった。娘を思い「公園が目の前」の売り文句に飛びついた。戸塚から転居を決めたものの、これからどう育てればと思い悩む日々。そんな家族の心を救ったのは、奈緒さんが通っていた幼稚園の園長の言葉だった。「奈緒さんの子育ては地域でやらなくてはいけないよ」。ずっと先を見据えた人の優しさに触れ、閉ざしかかった心がほぐれていくのを感じた。

 ○…「同じ境遇の人のために何かできないか」。障がいがある子を持つ親のグループ「つぼみの会」に所属し「社会福祉法人ぴぐれっと」の設立に携わったのは奈緒さんが7歳のころ。奔走した時間は、自分自身と向き合うための貴重な時間でもあった。「唯一子どもから逃げられる場所だったのかもしれない」。現在グループホームに入所する奈緒さんを思うと、これからも頑張ろうと力が沸いてくる。「作品を観た人が、何気ない生活の中で忘れている優しさを思い出してもらえたら嬉しい」と話す。

 ○…一昨年、相模原で起きた殺傷事件に衝撃を受けた。「人は誰でも優しい心を持っているはずなのに」。許せない、しかしそれ以上に悲しかった。「幸せってなにか、今も分からない」。優しいことばで、争いのない暮らしができたらいい。娘に向ける眼差しの中には、いつも優しい世界が広がっていることを願っている。

泉区版の人物風土記最新6件

永田 文夫さん

新橋コミュニティハウスで教室を開く折り紙師範の

永田 文夫さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

飯野 紀子さん

「満福いずみ食堂」の代表として地域の人に温かい食事を提供する

飯野 紀子さん

12月14日号

井野 宏哉さん

切り絵サークルの講師を務め、区内の風景を切り絵に残して歩く

井野 宏哉さん

12月7日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月30日号

齋藤 茂さん

木工品など約140点を手作りする木工大工職人

齋藤 茂さん

11月16日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク