泉区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

「進化をあきらめない」 ビーチサッカー 飯野さん

スポーツ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
花を持つ手がやさしい飯野さん
花を持つ手がやさしい飯野さん

 花き販売の(株)ベルフラワー(鈴木崇弘社長)緑園本店の飯野智之さん(34)が、昨年パラグアイで開催された「FIFAビーチサッカーワールドカップ」(11〜12月)に日本代表として出場しベスト4入りに貢献。世界と渡り合った飯野さんに話を聞いた。

 2年に1度開催される「FIFAビーチサッカーワールドカップ」。日本はグループステージを3戦全勝で勝ち進み、準々決勝はウルグアイと対戦。終盤の反撃を振り切り準決勝へ進出した。続くポルトガル戦は一進一退の攻防。3対3のまま延長でも決着がつかず、PK戦へ突入。ここで1対2で敗れ、3位決定戦へ回った。メダルをかけたロシア戦は、終盤に逆転され4対5で惜敗。過去最高に並ぶ4位で今大会を終えた。

 飯野さんのワールドカップ出場はこれで2度目。大会を振り返り「悔しさは残るが、シュートや、距離感の掴み方、全てがハイレベルで刺激的だった」と話す。

 自身のビーチサッカーとの出会いは約8年前。知人に誘われてゲームに参加し、アクロバティックなプレーやスピード感のあるゲーム展開に魅了された。サッカーからの転向を決め、現在は「東京レキオスBS」に所属。ポジションは「アラ」。サッカーでいうミッドフィルダーで、攻守にバランスよく動くことが求められるという。

 元々、地元で造園業に従事していたことから「植物に携わる仕事がしたい」と現在の職場に飛び込んだ。常設ビーチコートが近くにあるのも魅力だった。「庭の手入れとゲームは、配置を考え、先を見据えて行動するという面で似ている」と花を手に話す横顔はすこぶる優しい。ここで働くことは、地域の人々や草花と触れ合える癒しの時間でもあるという。

 今年の目標は、さらなるスキルアップ。「まだまだ伸びることができる」と、自分に期待する自分がいる。「結果を残すことは、自分を支えてくれている皆さんへの恩返しでもある。成長を感じられる年にしたい」と抱負を語った。

泉区版のトップニュース最新6

「落雷被害減らしたい」

和泉町在住松本さん

「落雷被害減らしたい」 社会

区内に無償で避雷針設置

9月24日号

170店舗の大型施設

ゆめが丘

170店舗の大型施設 経済

相鉄グループが事業者に

9月24日号

臨時の車線切り替え

中田さちが丘線岡津地区工事

臨時の車線切り替え 社会

本線は今年度末開通へ

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月17日号

国土交通大臣賞を受賞

中川シニア連合弥生クラブ

国土交通大臣賞を受賞 社会

弥生台駅前の美化に尽力

9月10日号

今年はオンラインでも

地域の担い手育成講座

今年はオンラインでも コミュニティ社会

「コロナ禍活動のヒントに」

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク