泉区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

フットサル 盟友に捧ぐ1部デビュー 泉区出身の中野選手

スポーツ

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
相手選手にプレッシャーをかける中野選手(左)=クラブ提供
相手選手にプレッシャーをかける中野選手(左)=クラブ提供

 いちょう団地出身でフットサルFリーグ1部、YSCCに所属する中野和也選手が11月7日のフウガドールすみだ戦に出場。37歳で国内最高峰リーグデビューを果たした。

 クラブが前身の大学サークルだったころからの生え抜き。30代後半で引退する選手も多い中、1部リーグでデビューを果たすのは異例だ。

 守備的なポジションで先発出場した中野選手は、密着マークで相手の外国人エースに仕事をさせず。チームは0対3で敗れたが、試合を配信するABEMAの週間ベスト5選手に選ばれた。

 今季から付けている背番号19は今年9月に亡くなった、共に地域リーグを戦った須釜純平さんが付けていた番号。中野選手は「ガマの19番を背負ってピッチに立てたことが嬉しかったです。試合が進み、会場の雰囲気も後押しして、最高の舞台でした!」とコメントした。

泉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク