泉区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

葛野小そばの「こども食堂・がじゅまる」を代表として切り盛りする 中村 葵さん 戸塚区汲沢在住 31歳

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena

好奇心と興味を混ぜて自分事

 ○…「子どもが好き。海外に学校を建てたいんです」。食堂開設についての問いに、開口一番、そう答える。日本で今できることは何かと考え、たどり着いたのが「こども食堂」。2年ほど前、三軒茶屋で知人が運営している食堂を訪ね、近隣の実施箇所も見て回った。「やりたいと思ったら動いてしまう性格」。眼差しはまっすぐ、笑顔は屈託がない。

 ○…「私自身、家庭環境が複雑だった。非行少女でしたよ」。あっけらかんと笑う。学生の当時は楽しく、かっこいいと思っていたこと。「子どもにそうはなってほしくない」。一人で食べていた夜ごはん。コンビニエンスストアで買っていた。「あのとき、こども食堂があったら私も行っていたと思う」。通ってきた道だからこそ、誰かに聞いてほしい話があることを知っている。

 ○…夫と小学5年生の長男、2年生の長女の4人家族。昨年、不動産コンサルタントの会社を起業、家では家事と忙しい日々を過ごす。最近は、中学1年生以来というバレーに挑戦。地域のママさんバレーチームに入り、汗を流している。「恥ずかしいとかあまりなく、物怖じしない」。興味や好きなことへのフットワークは軽い。

 ○…「SDGsが気になって調べている。温暖化や海洋プラスチックの問題も、こども食堂のイベントで扱えたら」。素通りしがちな地球の課題も持ち前の好奇心で自分事に変える。「子どもと一緒に学びたい」。長男が最近、『ご飯が食べられない子どもがいるのは可哀そうだ』と口にしたと喜ぶ。「自信はなくて、がんばってもいない。好きなことをやっているだけ」。謙遜の先に広がる協力の輪。「本当に人に恵まれている」。温かみを感じたいと願う母の食堂が開店した。

泉区版の人物風土記最新6

宮藤 涼一さん

銅版画(メゾチント)の個展を6月28日から、旭区のサンハートで開く

宮藤 涼一さん

新橋町在住 72歳

6月23日号

金子 公紀(ともただ)さん

5月から泉区シニアクラブ連合会の会長として会をけん引する

金子 公紀(ともただ)さん

岡津町在住 80歳

6月16日号

工藤 達也さん

「泉サポートプロジェクト」のコアメンバーとして活動を推進する

工藤 達也さん

泉区内在住 49歳

6月9日号

井上 こすずさん

マーチング新形態「MIX3」のチャンピオンシップ大会で部門優勝した

井上 こすずさん

中田東在住 14歳

6月2日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区山手町在住 60歳

5月26日号

黒須 正明さん

4月に開所した障害者入所支援施設「泉の郷まつかぜ」の所長を務める

黒須 正明さん

上飯田町在勤 64歳

5月19日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook