戸塚区版 掲載号:2011年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

屋外広告物条例 登録制導入し、業者管理 半世紀ぶりの改正

 横浜市は55年ぶりに「屋外広告物条例」を全面的に改正する。屋外広告業の登録制導入や地域特性に応じた広告物規制を可能とした項目の追加が特徴だ。

 1956年に施行された同条例は、1949年に制定された「屋外広告物法」を基にしている。広告物に必要な規制を行うことにより、良好な景観維持などを目的としている。

 条例改正の項目の一つに、屋外広告業の届出制から登録制への変更がある。

 届出制は一度届出をすれば更新の手続が不要のため管理が難しく、不良業者の排除が難しい面があった。登録制は5年ごとの更新となることから、そうした問題を改善できるメリットがある。未登録で営業をすると50万円以下の罰金などが科せられる。今回横浜市のほか、川崎市、相模原市、横須賀市、神奈川県も同様の理由で登録制を導入する。

地域ニーズに応える

 このほか、地域特性に応じた項目も盛り込まれている。その一つに良好な住環境の保全を目指した屋外広告物等の設置禁止地域の追加がある。これまでは文化財周辺や高速道路沿道などが指定されていたが、高さ10m以下の建物だけが建築できる「第1種低層住居専用地域」などにも規制がかけられる。この地域では、映像・点滅装置による屋外広告物に加え、空き地に設置された広告物も対象に。逆に繁華街などの「広告物活用地区」では、地域の意見を聞きながら街の賑わいを創出する点を重視し、規制緩和地区の指定ができるようになっている。改正条例は10月1日に施行される。
 

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

中高年も該当、浮き彫りに

横浜市内ひきこもり

中高年も該当、浮き彫りに

4月12日号

高齢者の買物送迎を支援

柏尾富士見台自治会

高齢者の買物送迎を支援

4月12日号

「市政を大胆に前進」

法衣をキルトでリメイク

上矢部町在住諸星さん

法衣をキルトでリメイク

4月5日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

区が独自の指針案 策定

地域包括ケアシステム

区が独自の指針案 策定

3月29日号

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クロスステッチ作品展

クロスステッチ作品展

上大岡できょうから

4月12日~4月17日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク