戸塚区版 掲載号:2011年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

9月24日に戸塚公会堂で開催される「戸塚らくご祭り」に出演する二ツ目落語家 立川 談奈さん 上倉田町出身 39歳

1秒も冷めなかった熱

 ○…関内ホールはその日、大勢の客で埋め尽くされた。舞台にはたった一人の男。その男の発する言葉と身振りに、会場は魅了された。天井を突き抜けんばかりの笑い声。観客の一人だった18歳の青年は、ただただ、感銘を受けた。ぼんやりと芸人になりたいと思っていたが、確固たる信念に変わった。「落語家になりたい」。舞台の中心には、立川談志がいた。

 ○…らくご祭りの出演が控える一方、桂文字助と芸人のダイノジをゲストに迎える独演会(16日)の準備に追われる。独演会は企画、小屋押さえ、ゲスト・裏方の手配に客集めと、全てを一人で行わなければならない。立川流は落語協会に所属していないため、年を通じて興行している定席がない。芸を披露する場所を見つけるところからが修行だ。都内を中心に各地で独演会を開く中、来年には横浜での開催を目論んでいる。「やりたい、というか無理やりでも実現させる」。屈しない心意気がにじむ。

 ○…東戸塚小、豊田中を経て、豊田高(現横浜桜陽高)を中退。落語家になりたいと思ったものの、そう簡単にはいかなかった。立川左談次に弟子入りを頼み込むも、弟子を取らない方針の左談次からは断られ続けた。足繁く東京へ通い、出待ちをする日々。自分の姿を見つけ、左談次に逃げられたこともある。「それでも、落語家への熱は1秒たりとも冷めなかった」。左談次の提案で快楽亭ブラックの弟子になれたのは、志願して6年後だった。

 ○…浅草に住む。落語家のにおいをつけたくて、入門してから戸塚区へは帰らなかったが、最近、帰る動機ができた。らくご祭りのほか、10月には東戸塚小の創立60周年記念として児童に芸を見せる。以前は地域で落語を見られる機会がなかったため、単純にうれしそうだ。学校の通信簿に先生から必ず書かれていたのは、「落ち着きがない子」。そんな子どもたちが、噺(はなし)に夢中になる場面が浮かぶ。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

小林 君江さん

4月から戸塚区民文化センターさくらプラザの館長に就任した

小林 君江さん

4月5日号

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク