戸塚区版 掲載号:2011年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

11月12日から福岡県で開催される「日本身体障害者水泳選手権大会」に出場する 小石 昌矢君 平戸小2年

左腕で未来を拓くスイマー

 ○…6月に開催された関東身体障害者水泳選手権大会に出場し、大会記録で優勝。全国大会の切符を手に入れた。生まれた時から、両足は太ももまで、右腕は二の腕まで。体を支える筋肉のついた左腕で水をかき、50mを泳ぎきる。昨年までクロールで挑戦していたが、今年から出場選手の少ないバタフライに転向したのが功を奏した。会場は福岡県。「飛行機に乗るのが楽しみなんだ」と満面の笑み。「がんばるぞー」と高くこぶしを上げておどけた。

 ○…水泳を始めたのは4歳。保育園ではリスク回避のため、他の児童と一緒の仮設プールに入れてもらえず、タライで水浴びをしていた。最初は顔を水に浸けることもできず、タオルで顔を濡らすことから始めた。それが今では、「水泳をしている時が一番楽しい」。片腕で水をかき、全身をうねらせて泳ぐ。真っ直ぐ進める理由は「分かんない」。コーチにも分からないため、タイムを伸ばす方法はただひとつ、「練習すること」。

 ○…ポケモンカードにDS、wii、たくさんの金銀メダル。左腕を器用に使って、ピョンピョンと元気いっぱいに部屋中を飛び回り、宝物を紹介してくれる。最近のお気に入りは、片手で吹けるよう改良されたリコーダー。他の児童が使うものと吹き方が異なるため、リコーダーの授業が始まるまでに吹けるよう、特訓中。「ド・レ・ミ…」

 ○…生活で不便だと感じることはない。学校や水泳の練習に「行きたくない」と言ったことは一度もない。背は小さいが、腕は人一倍がっしりとして、手のひらも大きい。「6年生の女子に腕相撲で勝っちゃったんだ」。幼稚園のころからの得意技「逆立ち」は、腕相撲にも水泳にも大いに役立っている。将来の夢は「パラリンピックで金メダルをとること」。中学でジャパンパラリンピック。次はアジア大会、世界選手権。目標は次々に挙がる。大きな夢に向かい、課題のターンと飛び込みの練習に日々励む。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

小林 君江さん

4月から戸塚区民文化センターさくらプラザの館長に就任した

小林 君江さん

4月5日号

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク