戸塚区版 掲載号:2012年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

プロバスケbjリーグ 横浜 1年目で3位 リーグ決勝逃すも、有終の美

ドリブルで切り込む横浜の司令塔、山田謙治選手(左)=20日、有明コロシアム
ドリブルで切り込む横浜の司令塔、山田謙治選手(左)=20日、有明コロシアム

 プロバスケットボール男子、bjリーグ参入1年目の横浜ビー・コルセアーズが5月19日、プレイオフ・東カンファレンス(地区)決勝を戦い、リーグ連覇中の浜松に78―87で逆転負けした。翌日の3位決定戦では京都を75―66で下し、今季最終戦を白星で飾った。

 「ファイナル4」と呼ばれ、東西でプレイオフ準決勝を勝ち進んだ4チームだけが立てる決勝の舞台、有明コロシアム=東京都。

 19日は東西の決勝が行われ、レギュラーシーズン(52試合)の1試合平均失点がリーグ最少72・8点の横浜は、平均得点がリーグ最多84・7点の浜松・東三河フェニックスと対峙。序盤から浜松の攻撃を抑え、第3クオーター(4分の3/1試合40分)終了時点で62―56と、リーグ3連覇を狙う王者を追いつめた。

 「勝ち方を知っている浜松の実力。35分勝っていたが、残り5分で負けた」と司令塔のポイントガード、山田謙治選手=旭区在住=が振り返るように、第4クオーターで31失点。リーグ決勝進出を目前に、苦い逆転負けとなった。

 今年度最終戦となった翌日の3位決定戦は、西地区の京都ハンナリーズとの対戦に。「悔しい敗戦から、1日で精神的に切り替えができた」とレジー・ゲーリーヘッドコーチ。第2クオーターでは戸塚区に縁のある堀田剛司選手が、途中交代の約5分間で3点シュート2本を決めるなど、試合の流れを引き寄せた。

 第4クオーターではシーズンMVPのジャスティン・バーレル選手が、相手の反則で得たフリースローを確実に決めるなど、着実に加点。一時は4点差まで迫られたが、得意のディフェンス(守備)からリズムをつくり、悲願のリーグ3位を手中にした。

 主将の蒲谷正之選手は「互いに尊敬し合いながら、個々が成長できた1年だった。来季はファイナル(リーグ決勝)に立ちたい」と語った。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

児童福祉施設が開所

上倉田町

児童福祉施設が開所

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

区制80周年に主眼

2018年度戸塚区予算案

区制80周年に主眼

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク