戸塚区版 掲載号:2013年1月10日号
  • googleplus
  • LINE

100回のフルマラソン完走を達成した 高嶋 威男さん 前田町在住 68歳

綿密な計画で目標走破

 ○…昨年11月23日に栃木県で開催された「第25回大田原マラソン」。1990年のフルマラソン初完走以来、100回目のゴールを切った。「肋骨を折った痛みに耐えて走ったり、食あたりで直前までほぼ食べられないまま出場したこともあった」。残り5Km地点で、ふいに思い起こされた22年間の苦労。ゴール後、自宅で待つ妻・泰子さんへの電話は涙で声にならなかった。

 ○…通勤片道2時間、タバコ1日60本、接待で帰宅は連日午前様。40代の頃、健康診断ではいつも異常が見つかった。そんな生活に「何か健康なことを」と思い立ち、1カ月後に控えたマラソン大会の10Km部門にエントリー。「1時間切ったら1000円あげる」という同僚の冷やかしをよそに52分で走り切り、「見込みがあるかな」と大会を主管していた走友会に入会。努力が結果に直結する魅力にはまり、練習の妨げだった不規則な生活から脱却しようと2年後に地元の会社へ転職。10Kmを走って通勤し、体重もみるみる落ちた。

 ○…先輩の助言や専門誌から確立した練習法。朝4時に起き、15Kmを走る。自己を厳しく律し、挑み続ける孤独な戦い。これも家族の支えがあってこそと実感している。そんな感謝の意を込め、北海道から沖縄まで巡る開催地でレース翌日に夫婦共通の趣味の登山を楽しむこともしばしば。「いつも面倒を見てもらっているから恩返しをしないと」。

 ○…16年かけて達成した50回目の完走。その頃から100回を意識し、「体力も落ちていくし、孫ができれば時間もとられる」と「5年で50回計画」を企て、目標タイムも3時間切りから確実な完走を狙い3時間半に変更。「無駄な時間を作るのが嫌い」という持ち前の几帳面さで綿密な計画を立て、ほぼ月1回のペースで悲願を達成した。平均タイム3時間27分。今後は回数を絞るが、「長生きしていつまでも元気で走りたい」。昨年5月に誕生した初孫とのフルマラソン完走が夢だ。
 

戸塚区版の人物風土記最新6件

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク