戸塚区版 掲載号:2013年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

災害時の医療チームを発足した医療法人柏堤会の理事長(戸田中央医科グループ副会長) 横川 秀男さん 都内在住 56歳

「必要」とされる医療を

 ○…戸塚区を中心に12施設を運営する(医)柏堤会。20年間にわたり病院改革や施設拡充などに奔走してきた。この春にはグループで災害時の医療支援チームを発足。強調する「当たり前のことをする」という信念のもと、常に必要とされる医療のあり方を模索する。

 ○…東京都の蒲田出身。「町工場が多く、油のにおいがした街」と懐かしむ糀谷で生まれ育った。父親は当時、街で唯一だった診療所の開業医。「一日400人位を診察し、毎晩5回は起こされるほど忙しかった」父は、周囲から常に頼られる存在だった。「必然的になるべきもの」との思いから医師を志すことに。昭和大学医学部を卒業し、同大外科学大学院入学後は研究と勤務を両立。診療科を決める際には「時間、リスクともに大きく、ダイナミックな手術」に惹かれ、胸部心臓血管外科を選択した。あるときは2、3日間に及ぶ手術を行ったことも。20代のころは多忙のあまり徹夜続きで、年間300日を病院に泊まったこともある。「携われることにやりがいを感じた。気力、体力、チームワークが大切な現場は自分に合っている」と分析する。

 ○…同大藤が丘病院での勤務を経て、36歳で戸塚共立第1病院の副院長に就任。倒産寸前からの再建を目指し、まず取りかかったのは救急車の100%受け入れだ。学生時代の人脈を生かし、人材集めにも奔走した。当時を振り返ると「面白かった」と笑う。「手術ができないのは残念だけれど、発展するために戦略を練るのは苦労ではなく楽しい。自分自身の向上にもなる」。前向きな思考で常に困難をチャンスに変えてきた。

 ○…高校、大学とラグビーに没頭。休日は昭和大ラグビー部のOB会長として、学生たちの指導にもあたる。ラグビーへの情熱から、女子ラグビーチーム「TKM7」も創設。オリンピック出場が夢だ。ラグビー精神の「一人は皆のために、皆は一人のために」を胸に秘め、挑戦はまだまだ続く。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク