戸塚区版 掲載号:2013年10月24日号
  • googleplus
  • LINE

南戸塚小学校の音楽教員で、10月27日に「ふれ愛コンサート」を開催する 浅井 優子さん 泉区在住 

出発点は音楽室

 ○…音大声楽科卒。在学中から組むソプラノとピアノのデュオで2年前に出場したコンクールで優秀演奏者賞などを受賞した。歌声を皆に聴いてもらいたい、音楽を通じて社会の役に立ちたい――。小学校で音楽教員を務める傍ら続けてきた活動が評価されたことでそんな気持ちが強まり、10月27日に童謡やドイツ歌曲を歌う「ふれ愛コンサート」を開催する。

 ○…コンサートは元々、前任校の大正小学校で5・6年生の音楽の授業の一環で始めた取り組み。開始当初は地元コーラスグループの合唱を聴く内容だったが、回を重ねるごとに一般教員や4年生も加わって演奏や合唱を披露する”参加型”に。会場も音楽室から体育館へ移し、低学年の観衆を前に発表する校内の一大イベントに成長した。技術の良し悪しは二の次。自分を表現できた喜びに、演奏後は会場に笑顔があふれた。「毎年2月の開催で体育館は寒かったけれど、本当に温かいコンサートだった」。今回の会場は戸塚区民文化センター。規模や形式が変わっても、音楽でひとつにつながる喜びを分かち合おうとの願いは同じだ。

 ○…35年の教員生活で教えた児童はのべ3000人超。「何千人ものお客さんが入るホールの舞台に立つ機会はないけれど、小学校の音楽室で本当に多くの子どもたちの前で歌うことができた」。大好きな音楽を子どもたちに教える幸せ。「どれ程の影響力を与えられたか分からないけれど、少しでも楽しい思い出になっていてくれたら嬉しい」

 ○…曲のイメージを理解したり、自分の発する音に関心を抱くことは音楽の上達に不可欠。「根底にあるのは豊かな感受性。それがないと絶対にきれいな音は出せない」。それは浅ましい事件が絶えない社会を生き抜くにも必要な力。だからこそ、音楽教育を通じて成し遂げたいのは「心を育てること」。そのためには本物の音にふれることが重要と、自己研鑽に励む日々だ。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク