戸塚区版 掲載号:2013年11月28日号
  • googleplus
  • LINE

震災ギター 海を渡る (株)大川印刷社長らが製作

社会

寄贈されたギターを奏でるムーア氏(左)
寄贈されたギターを奏でるムーア氏(左)
 東日本大震災で倒壊した寺院の廃材を活用し、(株)大川印刷(上矢部町)の大川哲郎社長が中心となって今春に製作したエレキギターの寄贈先がこのほど決まった。寄贈先では大川氏らがミニライブを開催したほか、2本はアメリカ人バンドに渡り、世界各国でその音色が披露される予定だ。

 宮城県南三陸町の徳性寺は、東日本大震災の津波被害を受けて全壊。およそ500年前に切り出され、本堂を支えてきた柱も瓦礫となって放置されていた。

 その惨状を目にした被災地支援活動を行う知人から「撤去は忍びない」と活用法について相談を受けた大川氏は、かつて生家を材料にアメリカ人ブルースシンガーがギターを作った例を参考にエレキギターの制作を提案。仕事のつながりを活かし、「徳性寺プロジェクト」として2年前から製作活動を行っていた。

 完成した4本のうち、1本は徳性寺へ。大川氏は自身が所属する社会貢献活動を目的としたバンド「O’s」のメンバーと8月30日に現地を訪問し、供養後に約70人の檀家を前にそのギターを使ったミニライブを開催してオリジナル曲『柱の歌』を披露。被災した柱がギターとして再生したように、人間も生まれ変わることができるとの励ましのメッセージを込めた曲に、会場となったプレハブの本堂では涙する人も多く見られたという。

 また、震災を風化させず後世へ伝えようという趣旨のもと、2本は『September』などのヒット曲をもち世界で活躍するバンド「アース・ウィンド&ファイアー」のギタリストへ寄贈。受け取ったグレッグ・ムーア氏は本紙の取材に対し、「音色を生み出すうえでギターのボディーは最重要部分。そこに寺の柱を使うとは前代未聞だが、このギターは驚くべきサウンドを奏でる。持ち主になれたことは光栄で、震災被害を受けた柱が生まれ変わったギターの魂を誇りに思う」とコメントした。

 残る1本は今後オークションにかける予定。また大川氏は今後、柱の歌をCDとして販売し、売上の一部を被災地支援にあてようと検討中だという。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク