戸塚区版 掲載号:2014年6月5日号 エリアトップへ

碁会所「南戸塚囲碁クラブ」で席亭を務める 河合 盛彦さん 戸塚町在住 60歳

掲載号:2014年6月5日号

  • LINE
  • hatena

地域つなげる”手談”

 ○…「定年退職後、何か地域に貢献できないかと考えた時、生かせるのは趣味の囲碁だった」―。今年4月、戸塚町に碁会所『南戸塚囲碁クラブ』を開いた。構想から開所までわずか2カ月。その間、都内の碁会所に通い、居心地の良さを追及すべく囲碁に適した机のサイズも調べた。だが、理想とする『幅77cm×奥行き45cm×高さ60cm』の机が市販で見つからない。そうと分かると、ホームセンターで購入した木材を切りそろえ、日曜大工で自ら作り上げた。「ゆっくり楽しんでもらうために、机や椅子にはこだわりたかった」

 ○…大学入学後に囲碁を覚えて約40年。だが、その囲碁人生は孤独だった。「社会人になってからは仕事が忙しく、碁会所に通う暇がなくて」。そこで始めたのが「一人碁」。一人二役で対局するものだが、当然ながら”相手”の手の内はすべてお見通し。「だからこそ、無心にならなければおもしろくない。打った瞬間、今度は頭の中身を対戦相手に入れ替える。二重人格みたいなものです」。15年程前からはインターネットのゲームも楽しみ、現在は7段の腕前だ。

 ○…一方、50代からは陸上も始め、マスターズの大会にも出場している。種目は100m走で、タイムは13秒台。「心技体ではないけれど、囲碁が強くなれば足も速くなるし、足が速くなれば囲碁も強くなる…気がしています」。目下の夢は、6年後の東京五輪で聖火ランナーを務めること。「年寄り枠があれば、ちょっとだけでも走れたら」

 ○…「一度や二度失敗しても、十分逆転できる要素がある」という囲碁。「頭が柔らかくなり、物の見方も広がる。老化防止だけでなく、いじめ対策にも良いのではないかと思う」。碁会所に来た互いに見ず知らずの小学生と高齢者が、自然と対局していたエピソードを嬉しそうに語り、「囲碁は”手談”ともいう。ここで、年齢を超えた輪が広がればと願っています」。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

剱持(けんもち) 京助さん

2020年度の会長として神奈川県弁護士会の舵を取る

剱持(けんもち) 京助さん

横浜市出身 58歳

8月6日号

入内嶋(いりうちじま) 周一さん

45周年を迎えた区内のアマチュア劇団「劇団年輪」の代表を務める

入内嶋(いりうちじま) 周一さん

泉区在住 65歳

7月30日号

今井 福子さん

児童書作家として活躍する

今井 福子さん

深谷町在住 69歳

7月23日号

鈴木 浩さん

横浜市幼稚園協会の会長に就任した

鈴木 浩さん

泉区在住 54歳

7月16日号

鈴木 進さん

戸塚消防団の団長に就任した

鈴木 進さん

上矢部町在住 70歳

7月9日号

渡辺 裕美さん

戸塚区役所3階地産地消直売コーナー出店者会の代表に就任した

渡辺 裕美さん

泉区在住 57歳

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク