戸塚区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

横浜銀蝿翔さんら出演 「ロッキントツカ75」開幕 7月12日 戸塚公会堂

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena
戸塚音楽祭に出演する翔さん(左上写真)と川戸昌和さん(右上写真)、2人が認めた若手音楽家、ちっちさん(右)
戸塚音楽祭に出演する翔さん(左上写真)と川戸昌和さん(右上写真)、2人が認めた若手音楽家、ちっちさん(右)

 横浜銀蝿の翔さんら戸塚区出身のミュージシャンが共演する戸塚区制75周年・第1回戸塚音楽祭「Rockin'TOTSUKA75 (ロッキントツカ75)」が7月12日、戸塚公会堂で開催される。「音楽で戸塚を盛り上げる」。そんな思いがつまったイベントでは戸塚の魅力を伝えるコーナーを設置するほか、収益の一部は福祉団体等に寄付する。

 音楽祭の主催は、Rockin'YOKOHAMA155実行委員会。戸塚区、一般社団法人横浜市商店街総連合会の後援となる。出演は「翔&BLACK BIRD」「Masakazu Kawato&SPACY DUCKY」「Strawberry Parfait」。戸塚区で生まれ現在も区内に住む翔さん(56)、戸塚区出身で泉区在住の川戸昌和さん(49)ら、さらに2人が「チャレンジ精神にあふれ、かつて(自分たちが)世に出たいと思ったころの気持ちを思い出させてくれる存在」と認めた、戸塚生まれのちっちさん率いる女子高生バンドが音楽祭を盛り上げる。

 開催にあたっては、翔さん、川戸さんが中心となって約2年前から構想を練ってきた。当初は「地元出身のミュージシャンを集めて音楽祭ができたら」と企画をスタートさせた。が、多くの知人や商店街関係者の賛同を得たことから、音楽を通じた地域の活性化をも視野に。「我が街を愛する人が数多くいる」(翔さん)ことを実感し、イベントを地域の祭りとして成立させたいと思うようになった。

 開催日に7月12日を選んだのは、14日に執り行われる八坂神社例大祭の前々夜祭という位置づけにするため。イベントの横断幕やポスターも地域の協力で作成するなど、本番を前に人と人とのつながりも生まれた。

 音楽祭では横浜銀蝿や、川戸さんデビュー時の曲等が披露される。会場ロビーでは戸塚区のキャラクター、ウナシーも登場。戸塚の街を紹介するパネル展も予定しているほか、市商店街総連合会が主催する商店街振興企画「ガチカレー!」のPRも行う。

 翔さんは「楽しい時間を皆さんと共有し、未来へつなげたい」、川戸さんは「戸塚を愛する仲間を集め、2回、3回と続けられれば」と互いに先々の発展を見据えていた。

 後援する戸塚区では「商店街振興にもつながれば」と期待を寄せる。

 音楽祭の開演時間は午後6時30分(開場は1時間前)。定員は500人。チケットは前売り4000円、当日5000円。ウェブサイト(http://www.rockin-yokohama155.com)でも発売しているほか、自家焙煎珈琲モネ【電話】045・864・6834でも購入できる。問い合わせは殿さん【携帯電話】090・2564・1966へ。
 

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

109歳で区内最高齢に

戸塚町長塚さん

109歳で区内最高齢に 社会

激動の時代くぐり抜ける

9月24日号

市と神奈中が維持で協定

区南西部バス路線

市と神奈中が維持で協定 社会

「連節バス」導入へ

9月24日号

商店街スタンプラリー

今週末から初開催

商店街スタンプラリー 経済

区内152店舗が参加

9月17日号

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

危険箇所約2,000件

9月17日号

アフリカ文化に触れる

倉田小学校5年児童

アフリカ文化に触れる 教育

在留邦人と交流会

9月10日号

働く人を動画で紹介へ

吉田町の写真家坂本貴光さん

働く人を動画で紹介へ 文化

コロナ禍の支援活動

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク