戸塚区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

6月13日(土)に戸塚区民文化センター(さくらプラザ)ホールでソプラノ・リサイタルを開催する 市原 愛さん 川崎市在住 34歳

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena

練習が本番の自分を作る

 ○…中学3年生の時の文化祭でオペレッタを上演する際、部長を任された事もあり主役を務めた。そこで、当時の音楽家の師から熱烈に声楽を勧められたことから、この道を歩んできた。在籍した東京藝術大学やドイツ留学中には周りが年上だったことや環境の違いで「知識、言葉、声の質で苦労した事もあった」と胸の内を明かす。歌を歌うことで喜びを感じた瞬間の一つは、妊娠した時にステージに立てた事だ。「お腹が出てくると、歌う時に重要な体の重心がいつもと変わり、声を出す事が大変だったけど、出産の1か月前まで、歌った」と嬉しそう。

 ○…北鎌倉女子学園高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。ミュンヘン国立音楽大学大学院を修了。2008年には、アウグスブルク歌劇場の専属ソロ歌手として契約。2013年12月のトリノ王立歌劇場日本公演ではヴェルディ「仮面舞踏会」でオスカル役に起用され、その歌唱力と演技で聴衆を魅了した。

 ○…最近の休日の過ごし方は、2歳になった娘を遊びに連れて行くこと。自転車で川沿いをサイクリングする事もあるそう。幼い頃はピアノと真剣に向き合いつつ、運動をする活発な女の子だった。今も昔も「1人」が苦手で、現在も1人で喫茶店に入るのも憚られる意外な一面も。好きな言葉は「練習こそがマイスターを作る」と流暢なドイツ語でさらり。「何歳になっても練習が本番を作る事は変わらない」と力強い。

 ○…「普段口に出せない事、思いを歌に乗せ、メロディーを加える事でより世界感が深まり、非日常を伝える事ができる」と歌の魅力を瞳を輝かせて話す。さくらプラザでのリサイタルを「地元、戸塚に本格的なホールができ、そこで歌える事がとても嬉しく、是非いろいろな人に聴きに来て欲しい。これからはドイツなどで経験した事を伝えていけるような歌手になりたい」と思いの丈を吐露した。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

伊沢 弘男さん

20周年を迎えたバンドグループ「カプア・アイランダース」のリーダーを務める

伊沢 弘男さん

下倉田町在住 74歳

11月7日号

鈴木 さなえさん

上矢部地区センターで11月9日にシャンソンのコンサートを行う

鈴木 さなえさん

上矢部町在住

10月31日号

増田 成之(しげゆき)さん

戦争反対の思いを込めた、大人向けの絵本「BLUE」を上梓した

増田 成之(しげゆき)さん

汲沢在住 93歳

10月24日号

佐藤 駿希(はやき)さん

10月27日に開催する浜薬祭の実行委員会委員長を務める

佐藤 駿希(はやき)さん

横浜薬科大学3年

10月17日号

西本 悦子さん

神奈川ギター協会委員長に就任した

西本 悦子さん

品濃町在住 70歳

10月10日号

生沼 邦啓(くにひろ)さん

9月のアジアスカッシュマスターズ選手権男子70歳以上の部で優勝した

生沼 邦啓(くにひろ)さん

平戸在住 76歳

10月3日号

保立(ほたて) 倖大(こうた)さん

8月に開催された空手全国大会「極真祭」12歳男子軽量級で準優勝した

保立(ほたて) 倖大(こうた)さん

東俣野町在住 大正中1年

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク