戸塚区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

横浜FCシーガルズ 「なでしこ」参入へ終盤戦 残り5戦、全勝目指す

スポーツ

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
「暑さに負けない声援を」と呼びかける中村監督(右)と山本キャプテン
「暑さに負けない声援を」と呼びかける中村監督(右)と山本キャプテン

 女子サッカーの横浜FCシーガルズは戸塚区を拠点とし、現在、来季のプレナスなでしこリーグ2部への昇格を目指す戦いを続けている。8月1日からはいよいよ終盤戦。プレナスチャレンジリーグ残り5試合を全勝し、その勢いに乗って「なでしこ」参入を決めるつもりだ。

 チャレンジリーグは全12チームを東西6チームずつに分け、3回戦の総当たり戦で行われている。

 6月までに第10節を終えた同チームは6勝3敗1分の勝ち点19で暫定2位。最終的に2位以内に入れば、東西リーグの各上位2チーム、計4チームによるプレーオフに進出し、そこで1位になればプレナスなでしこリーグ2部へ自動昇格。2位なら入れ替え戦に回り、昇格を目指す。

チーム雰囲気は上昇気流

 「試合を重ねる度に良し悪しの波がなくなり、チームは良くなっている」。ここまでの戦いをこう振り返るのは、中村宏紀監督(41)。「ミスから自滅した試合もあった」と課題をあげつつも、チームの約束事が明確になり「より攻撃的になった」と評価する。前半戦は「前へ、前へ」と戦ったが、気温の上がる終盤戦は「暑さの中で、どう戦うかがカギ」という。「チーム全体の意識も高い。攻撃的なサッカーで、まずは次の一勝」と気を引き締める。

 同リーグでは5人の選手交代が可能。「控え選手の状態も良く、これまでも(選手交代により)流れが悪くなったことはない。層が厚くなっている」と話す中村監督は、思い切った選手起用も視野に入れている。

 元日本代表の山本絵美キャプテン(33)は「1試合1試合、勝つことが大前提。試合中は選手同士で指摘し合うところ、持ち上げるところのバランスを大切にしたい」と話し、「多くの方に、(戸塚区に)横浜FCシーガルズがあることを知ってほしい。時間があればぜひ試合を見に来てほしい」と呼びかける。

 8月には、戸塚区主催の観戦ツアー(22日、つくばレディース戦)も企画されており、7月21日現在、ほぼ定員に達する数の申し込みがある。区担当者の古尾谷さんは「なでしこチャレンジに向けて、頑張ってもらいたい。みんなで応援します」と話している。

 8月1日の対戦相手は、これまで1敗1分の新潟医療福祉大学女子サッカー部。県立保土ケ谷公園サッカー場で午後3時キックオフの予定。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

福祉古民家レストランへ

名瀬町久右衛門邸

福祉古民家レストランへ 社会

障害者が就労スキル磨く

5月19日号

ザンビアに卒業生の靴を

上矢部高校生徒

ザンビアに卒業生の靴を 教育

国際奉仕 150足寄贈

5月19日号

7人制大会で初優勝

区内女子ラグビーチーム

7人制大会で初優勝 スポーツ

創部以来の悲願達成

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook