戸塚区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

第38回全日本高齢者武道大会の剣道の部B組で個人優勝した 小林 正人さん 平戸町在住 66歳

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena

自分を制する「一本勝負」

 ○…全国優勝を果たした日の夜は、なかなか眠れなかった。「なぜこれほど落ち着いて試合ができたんだろう」と、目を閉じて考える。頭に浮かぶのは、昨年11月に急逝した母の姿だ。「県大会の直前に亡くなり、試合を断念することになった。振り返れば『あのときは悪かったね、今日は頑張りなよ』と背中を押してくれたようにも思える」という。抜群の集中力で、相手に一本も取らせることなく大会を制した。

 ○…舞岡中学校への入学と同時に、剣道を始めた。腕力の強さもあり、区大会では「ほとんど優勝」。剣道の面白さを知った。「なにより顧問の大窪章先生への恩は忘れられない。わが子のように指導してくれたのが、剣道が好きになったきっかけ」という。卒業後は剣道の強豪高校に進学。そこで「地獄」を知った。「100人が入り、15人しか残らないような部活。殴られ蹴られ、泣きながら稽古をして、精神力だけは鍛えられたね」と話す。それでも剣道は好きであり続けた。国士舘大学を経て、神奈川県警へと進路を進めた。

 ○…「唯一の自慢」と言える特技がある。「スリ犯の逮捕」だ。定年前の5年間は、県警の鉄道警察隊に所属。高い検挙率で犯罪抑止に貢献した。「スリをやろうとする人は、見ればすぐわかる。痴漢も盗撮もそう。剣道と同じで、じっと相手の動きを見て捕まえる。一本勝負だよ」と笑う。その実績から、定年後は鉄道警察隊で初めて再任用され、後進育成に努めた。退職時は「もうスリを捕まえられないんだ、という喪失感があった」と振り返る。

 ○…「老いは剣をもって迎えうつべし」。いまモットーとしている言葉だ。年齢を重ね、かつてより俊敏に身体が動くことはないが、だからこそ新たに学ぶことも多いという。目指すは「8段」の境地だ。「まずは日々の生活を正していきたい。煩悩はなかなか消えないけれど」。ほほ笑みの中に、強い信念が見える。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

落合 嘉弘さん

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める

落合 嘉弘さん

茅ヶ崎市在住 72歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月26日号

北原 卓也さん

新型コロナの影響で小学校への納品ができなくなった野菜5トンの販売に協力した

北原 卓也さん

汲沢在勤 43歳

3月19日号

井筒 雄太さん

ご当地アイドル「YOKOHAMA男子」のメンバーとして戸塚駅で路上ライブなどを行う

井筒 雄太さん

市内在住 28歳

3月12日号

石井 正樹さん

10周年を迎えたトツカーナの管理組合理事長を務める

石井 正樹さん

戸塚町在住 55歳

3月5日号

首藤 浩子さん

小学生対象の英語教育ボランティア団体の代表としてパンケーキレースを主催する

首藤 浩子さん

品濃町在住 59歳

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク