戸塚区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

7月に設立10周年を迎えた「戸塚宿ほのぼの商和会」の会長を務める 近藤 一美さん 名瀬町在住 43歳

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena

街にも仕事にも「一直線」

 ○…自身が会長を務める「戸塚宿ほのぼの商和会」が7月に設立10周年を迎えた。同商店会の本拠地・戸塚駅西口は「名店」が軒を連ねるスポットだと評し、「この商店会に加盟している人情味でいっぱいのお店が、もっと元気になるような環境を作っていきたい」と大きな瞳を輝かせる。

 〇…神奈川県を拠点に23店舗の飲食店を経営する実業家として活躍中。物心ついた時から両親が戸塚で飲食店を経営しており、お客さんがジョッキを片手に笑顔で語り合う姿を間近で見てきた。同時に、そんな店を切り盛りする母が憧れの存在だった。「母のように私も素敵なお店を作りたい」という思いから、18歳で両親の会社へ。「20代の頃は、いざ現場に立つと的確に社員をまとめ上げる母に圧倒されっぱなしだった」。次第に母のように上手く店を回せない自分の無力さに辟易し、一度会社を離れた。「でも、お客さんの喜ぶ顔が忘れられなくてすぐに戻りたくなった。次は母の背中ではなく、お客さんの笑顔だけを追い求めよう」と気持ちを新たにし、ほどなく会社に復帰した。

 〇…30歳で社長に就任してからは、母から引き継いだ12店舗を現在の店舗数まで拡大。勢いは留まることを知らず、ドバイへの出店も果たした。それが契機となり、現在は日本食の普及率が低い中東への進出も見据えている。「日本の食事やサービスの素晴らしさを海外に発信したい」と日々社員と共に奮闘中だ。

 〇…「私自身も会社も全ては戸塚が原点」と語る。だからこそ「経営者としても生粋の戸塚区民としても地域の活性化に貢献したい」という熱意から、約1年前に会長に立候補した。それからは、今まで以上に街の人とのつながりを感じる機会が増えた。「仕事や私生活でつらい局面になった時、戸塚の人の温かさに助けられた。次は私が恩返しする番」。そんな思いを胸に、日々街を駆け回っている。

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

日本海オセアンリーグ運営事務局

大洋建設の応援する滋賀球団と北陸3県でプロ野球新独立リーグを設立

http://www.ocean-group.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook