戸塚区版 掲載号:2017年11月23日号 エリアトップへ

長年のスカウト活動が評価され、アジア人女性初の「ブロンズウルフ章」を受章した 鈴木 令子さん 吉田町在住 69歳

掲載号:2017年11月23日号

  • LINE
  • hatena

成長に役立つ理念、次世代へ

 ○…全世界のボーイスカウト団体が加盟する「世界スカウト機構」が授与する唯一の章「ブロンズウルフ章」にアジア人女性として初めて選ばれた。1935年に第一号が授与されてから今年で82年、355番目の栄誉だ。11月上旬には関係者が多数駆けつけた中、市内で祝賀会も開かれた。「とても驚いています。約40年間にわたるスカウト活動が評価され、率直に嬉しい」と朗らからに語る。

 ○…同章は世界平和に貢献した加盟員を表章するもの。今回は、ブータン、モンゴルなどで青少年育成のため、現地教師にスカウトの基本理念である、他者への支援、自身の人格的成長の重要性を説いてきたことが評価された形だ。「両国を5年間に7、8回訪ね、指導と交流を行ってきました。充実した時間でした」。自身がスカウト活動を始めたのは、3人の子供が幼少時、入団したことによる。「初めは付き添いだったんですよ」と笑う。そこから段々とその理念に深く共鳴していったという。常に後押ししてくれたのは夫の武道さんだ。「主人が元々入っていて。10年前には同じ表章も受けています。影響を受けてきました」と感謝の気持ちを示す。

 ○…東京生まれ。中学からプロテスタントの学校に入り、英語に親しんできた。そうしたことから子どもたちも小学生からインターナショナルスクールに通わせ、現在は3人ともアメリカに在住し、仕事に就いている。自身は吉田町で夫が経営する会社で社長を務めており、業務の1つとして留学生の斡旋事業にも取り組む。「日々忙しい。息抜きの時間も必要ですね。運動を始めようかな」。和らいだ表情を見せる。

 ○…現在ボーイスカウト日本連盟の理事も務めており、これからも若者の育成に積極的に関わっていく考え。「スカウトによって、私自身の価値を見出し、自立していきました。この素晴らしさを伝えていきたい」。かみ締めるように語った。

戸塚区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

在宅診療始めました

緊急時も24時間365日体制で行っています。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

塚田 幹夫さん

初めてオンライン開催を行う「とつかお結び広場」の代表を務める

塚田 幹夫さん

秋葉町在住 70歳

12月3日号

古川 要作さん

自宅の玄関で小さな写真展を開く

古川 要作さん

原宿在住 81歳

11月26日号

金澤 洋さん

名瀬地域ケアプラザでクリスマスコンサートを開く、バイオリンアマチュア奏者

金澤 洋さん

名瀬町在住 80歳

11月12日号

持田 教利(かずのり)さん

区内ジム所属でボディビル県大会で優勝した

持田 教利(かずのり)さん

藤沢市在住 25歳

11月5日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

10月29日号

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

注文住宅からリフォームまで

ご予算・お住まいに応じたプランをご提案します。お気軽にご相談ください。

https://www.o-jk.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク